永作博美主演『連続ドラマW 沈黙法廷』追加キャストに市原隼人、田中哲司、杉本哲太、臼田あさみら

写真拡大

 永作博美が主演を務める『連続ドラマW 沈黙法廷』の追加キャストとして、市原隼人、田中哲司、杉本哲太らの出演が決定した。

参考:市原隼人の演技はなぜ変化し続けるのか? 『無限の住人』のあくなきアプローチを読む

 同ドラマは、『廃墟に乞う』や『警官の血』など、多くの警察小説を手がけてきた直木賞作家・佐々木譲が初めて挑んだ法廷ミステリー。連続殺人事件の容疑者となった山本美紀と、彼女を想い、奔走する青年・高見沢弘志や、事件を糾明するため動く警察の姿を描く。

 このたび発表された追加キャストは、高見沢役の市原隼人、弁護士・谷田部完役の田中哲司、赤羽署の刑事・伊室真治役の杉本哲太をはじめ、大倉孝二、臼田あさ美、甲本雅裕、北村総一朗ら。

 市原、田中、杉本からはコメントが寄せられている。

【市原隼人 コメント】主人公の女性に恋をし、愛が芽生え、会えなくなり生まれた心の隙間に突き刺さる事実と真実が虚無感と混ざる中、相手を想い続ける弘志を演じさせて頂きます。生々しい感情が映像の中で生きる事を胸に現場と向き合って行きます。

【田中哲司 コメント】原作では、社会の暗部と希望が上手く表現されており、これをドラマにするのはとても大変なことだと感じました。私が演じる矢田部は原作からキャラクターが変更されており、市原さん演じる弘志とのつながりなど、ドラマ版オリジナルで構成された部分も楽しんで頂ければと思います。また、最後の裁判で山本美紀がどういった人物なのかを紐解いていくところも見どころの一つだと思っています。今回、弁護士役ということで、裁判シーンでは、役者のオーディションをされているみたいで、プレッシャーも感じておりますが、それもまた楽しんで演じていきたいと思います。

【杉本哲太 コメント】今回、演じさせて頂く役は所轄のたたき上げの刑事です。 過去に経験した苦い想いを背負い、自分の信念を貫き、突き進んでいく典型的な所轄の刑事で、臼田さん演じる後輩の西村にも厳しく、時に優しく接していきます。意外にもこういった実直な役はあまり経験がなく、人間臭い刑事をしっかりとつくっていきたいと思います。また、この作品は、山本美紀という女は一体何者なのか。何がそこまで彼女を追い詰めていくのか。というところが見どころの一つであり、伊室自身もその疑問に大きく動かされていきます。回を追うごとに深まる謎の真相が最終話で明かされる行方を是非、お楽しみください。

(リアルサウンド編集部)