マツコ大感激!「ねりもの」は365日役立つ食卓の救世主〜マツコの知らない世界から〜

写真拡大 (全4枚)

そのまま食べても、アレンジしても美味しい「ねりもの」。主役になるほどの華やかさはないけれど、食卓には欠かせない名脇役的存在ですよね。8月15日(火)放映の人気番組「マツコの知らない世界」(TBS系)では、40年間365日ねりものを食べ続けたマニアイチオシの絶品ねりものをフィーチャー!

美味しいかまぼこの厚さは!?


ご存知の通り、ねりものは、魚肉をすり身にして加工した食品。焼けばちくわや笹かまぼこ、蒸せば蒸しかまぼこ、茹でればなるとやつみれ、揚げればさつま揚げとバリエーションが豊富。番組では、全国に20000種類以上あるといわれるねりものの中から、厳選した39種類の珠玉のご当地ねりものが登場!

まず最初に紹介されたのは、1本4千円近くする超高級かまぼこ。マニアさんいわく、かまぼこは切り方が大事。ねりもの業界では、12mmにカットするのが最も美味しい食べ方と言われているのだそう。切り方だけでそんなに変わるの?と思いきや、試食したマツコさんは「このかまぼこウマっ!スゴイ!」と驚いていましたよ。

奥が深いねりものの世界に驚愕


他にも、枝豆をいれたもの、そうめんのようなねりもの、NEXTカニカマの座を狙う、イカスミで作ったうなぎ風のものなど、次々と登場!珍しいねりものの数々に、マツコさんの箸が止まりません。

番組では、スーパーで買える身近なおすすめのねりものと美味しい食べ方も紹介!おなじみさつま揚げは切って炒飯に入れると絶品!笹かまぼこは500Wのレンジで1分加熱するだけで、風味がアップなど、試食したマツコさんも「口に入れた瞬間の香りがぜんぜん違う」と大絶賛していましたよ。

クックパッドにもねりものを使ったレシピが!

カットしていれるだけ★


鰯さつま揚げと塩昆布の炒飯

by 村上さん

和風炒飯です。

笹かまぼこで作っても♪


簡単★笹かまの炒飯✨

by moou0610

笹かまがお肉の代わりをしてくれる、
ピーマンと椎茸の異色のメンバーでの炒飯です
食欲が増す炒飯で家族からも絶賛されます✨

ちくわと卵があれば完成!


ダシダで簡単☆ちくわチャーハン♪

by ぁゅ。。

冷蔵庫にある玉ねぎや長ネギ・ちくわを使って美味しい簡単チャーハンを作りましょ♪

いかがですか?「これはビールがないと…」とマツコさんが思わずリクエストするぐらい最強のおつまみであり、炒飯やサラダに入れても絶品なねりもの。まさに365日、あらゆるシーンで役立つ食卓の救世主ですね。さっそく、いろいろなアレンジを楽しんでみてください。(TEXT:森智子)