ファッション雑誌「ヴォーグ」は125周年を記念して2017年9月号で「スーパーモデルのクローゼット」という特集を組んでいます。そこで、GoogleはVogueと協力してモデルたちのクローゼットを4K映像・360度ムービーで公開。VR向けプラットフォームの「Daydream」やVRヘッドセット「Google Cardboard」を利用すると、スーパーモデルのクローゼットの中に迷い込んでしまったような「体験」ができるムービーになっているとのこと。

Daydream brings you inside Vogue Supermodel Closets

https://www.blog.google/products/google-vr/daydream-brings-you-inside-vogue-supermodel-closets/

クローゼットを公開しているのはケンダル・ジェンナーさん。ジェンナーさんは様々な国の「ヴォーグ」の表紙を飾り、経済誌「フォーブス」の2015年のトップモデルリストに16位で初登場した人物。なお、撮影に際しては、17台の4Kカメラを連結させたGoogleお墨付きのVRカメラ「YI HALO VR Camera」が使用されています。



クローゼットの様子を撮影したムービーは以下から。360度映像なので室内のあらゆる場所を見ることができます。

Vogue | Kendall Jenner Takes You on a 360° Tour of Her Closet | Supermodel Closets - YouTube

映し出されたのはウォークインクローゼットの中の様子。壁一面にびっしりと靴が並べられ、所狭しと服がかけられています。ジェンナーさんが手に持っているのは4〜5年前にカニエ・ウェストがくれたというお気に入りのブーツとのこと。



靴はホワイト系・ブラック系でざっくりと収納場所が分けられています。天井から……



床までみっちりと靴が並んでいました。



部屋の奥にはカバンもディスプレイされています。



クリスマスにはパジャマを着てパーティーをするというジェンナーさん。近年はつなぎタイプのパジャマを愛用しているようです。



「誰にも言わないで」と言って取り出したのは、撮影現場から盗んできたというマーク・ジェイコブズのジーンズ。とは言うものの、実際にはジーンズを盗みたがるほどジェンナーさんが気に入っているのを見たスタッフが、ジェンナーさんのもとまで送ってくれたそうです。



出口の扉まで、どこもかしこも服&靴だらけです。



部屋を出るとこんな感じ。ここはウォークインクローゼットではなく普通の部屋のようですが、まだまだ衣服が並んでいます。サングラスのコレクションもなかなかの数です。



羽織っているのはパリでフェンディのコレクションに出ている際に着たジャケット。



股下ギリギリまである、人を選びすぎるブーツも。



Vetementsとマノロ・ブラニクがコラボしたブーツを発見。これもお尻が隠れてしまうほどにロング。



部屋にはいくつものハンガーラック。「私はジャケットにとりつかれている」とジェンナーさんが語る通り、かなりの数のジャケットが並びます。



ベルトで装着するタイプの「ファニーパック」というバッグが好きなジェンナーさん。ルイ・ヴィトンのファニーパックは祖母からもらったものだとのこと。



手に持っている衣服は21歳の誕生日に着ていたものですが、実はパリス・ヒルトンさんも同じものを21歳の誕生日に着ていたという、不思議な思い出があるそうです。



床に衣服や靴を散りばめながら、「いつか巨大なクローゼットのある家に引っ越したい。家の半分には日常で使うものが置いてあって、残りの半分には、いろんなものがごちゃごちゃになったドレスルームがある家」と語るジェンナーさんでした。