和楽器バンド“宇宙”と“和”を融合した新MV公開

写真拡大

 9月6日に初のシングル『雨のち感情論』をリリースする和楽器バンドが、今作表題曲のミュージックビデオを公開した。

 同曲は、4月から7月まで開催されたホールツアーの最終公演で、作詞作曲を手掛けた鈴華(vo)が「普通の女の子だった自分が、神話を信じて伝説を夢見て歌ってきました。このステージに立てているのも、みなさんのおかげです。」と感謝の気持ちを伝えて初披露した楽曲だ。

 公開されたMV(https://youtu.be/a5QMmT7LsP4)は、YouTubeで再生数が6,500万回を突破した代表作「千本桜」を手掛けた映像ディレクター野田智雄とのタッグ。“星空”や“宇宙神話”をテーマに、これまでに有りそうで無かった“宇宙”と“和”を融合した映像に仕上がっている。また、鈴華と蜷川(津軽三味線)はワイヤーを使用した撮影も行い、無重力空間の表現にも挑戦しているので、ぜひチェックしてほしい。

 なお、本日8月16日より、シングルの発売に先駆けて、レコチョク、iTunesでの先行配信もスタートしている。


◎リリース情報
シングル『雨のち感情論』
2017/9/6 RELEASE