画像はヒカルさんのVALU公式サイトよりスクリーンショット

写真拡大 (全2枚)

2017年8月15日、YouTuberヒカルさんや禁断ボーイズのいっくんさん、ラファエルさんがビットコインを用いたマイクロトレードサービス・VALUで規約違反に当たる行為をし、ファンや関係者の間で騒動が巻き起こっている。

【ヒカル、禁断ボーイズいっくんらVALU騒動を時系列で追う シバターも苦言の画像・動画をすべて見る】

この3人はいずれも株式会社VAZのNextStageに所属しており、ヒカルさんに関してはテキ屋の祭りくじの闇を暴く動画などが話題となり、今最も勢いがあるYouTuberの一人だ。

騒動になっている原因を大きく挙げると2つ。

1つは、ヒカルさんの師にあたり株式会社VAZの顧問である井川さんが株式投資でいうインサイダー取引にあたる行為をしたように見えること。

2つ目は、先述したYouTuberの3人が、VALU内で本格的な活動を行う予告をTwitterに投稿し、多くのVA購入者を集めたにも関わらず、一斉にVAを売却。意図的に売り抜けたようにみえる行動をとったこと。現在、該当ツイートは削除されている。

VALU(バリュー)とは?


VALUは、個人が株式会社のようにVAとよばれる株を発行し、資金調達ができるサービス。VAの取引はビットコイン(仮想通貨)を用いて行われる。

購入したVAをほかの株主(VALUER)に買い取ってもらうことで差益を得ることができるのが特徴の1つ。

サービスの前提は、あくまで応援したい人への寄付ということだが、運営から禁止されている利益目的の投資をする人も多くいるのが現状となっている。

「優待」という設定もあり、発行者が株主(VALUER)に対して何かしらの還元をするという仕組みが基本だが、これは義務ではない

売る相手を選ぶこともできるため、身内で売り買いのラリーを続けることでVAの価格を釣り上げることもシステム上は不可能ではない。また、当人に関する情報を事前に得た第三者による売買も可能であるため、株式投資でいうインサイダー取引などが行えてしまうというVALUに対しての指摘は、以前から存在した。

以上を踏まえたうえで、今回の騒動を時系列に振り返ってみよう。

8月10日〜15日に何があったのか?


8月10日(木)、ヒカルさんやいっくんさん、ラファエルさんはVAをはじめて発行。井川さんはこの時点でヒカルさんの75VAを所有していた。

それから何日か動きは見られなかったが、8月14日(月)に3人は、TwitterやVALUのチャット内でVALUを本格的に始動することを発言した。(現在このツイートは削除されている

翌日の8月15日(火)、突如、井川さんが所有していた全VAを売りに出した。これで井川さんは数百万の利益があったと予想されている。

それに続きヒカルさんといっくんさんも前日の終値(ストップ高)で全VAを、ラファエルさんはその日の終値(ストップ高)で全VAを売りに出した。

全VAを売りに出すということは、以降、発行者本人も利益を受けることはできない。

この行動を以って、本人たちはこれから「優待」をはじめVALU内でアクションを起こす気はないのではないかということ、そして、結果的に井川さんと3人のYouTuberが結託して「売り抜いた」ように見えるという指摘が巻き起こっている。

ヒカルさんは4000万円ほどの利益があったと予想されており、いっくんさんやラファエルさんと合わせると1億円近い金額になるのではないかとみられる。

そして、ヒカルさん、いっくんさん、ラファエルさんの3人は、8月14日に投稿したVALUに関するツイートを削除している。

ヒカル、近日全貌を話すとコメント


時を同じくして、ヒカルさんはVALU内で、VALUの本来在るべき形は、純粋に支援したい人が株主になること、株主の優待には期待しないでほしいとコメント。

Valuの株でお金儲けをしようとする人が減ればいいなと思う。
本来のあるべきサービスの形じゃない現状が僕は非常に気持ちが悪いです。

ここは小銭稼ぎの場でしょうか?

大したことのない偽物たちがここではランキング上位にいます。
もちろん中には堀江さんのような本物もいますが多くは小ずる賢い手段で時価を釣り上げている見せかけの偽物です。

僕のバリューの購入者には3パターンいると思っていて、
1 単に僕のファンで純粋な支援をしてくれている人
2 僕のバリューで小銭稼ぎをしようとする人
3 なんとなく周りに流されて買った人

本来あるべき形は、
このバリュー側が望む形はどれだと思いますか?

僕は1だと思います。

僕からの株主優待には期待しないでください。
今のところ何も考えていません。

ただ、一つだけ、
僕はこれからも輝く続けることをお約束します。

そして最後に購入者のみなさんありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。VALUコメント全文


その後、優待をつけると言ってないこと、信用を落としてまで小銭稼ぎをしないと言った上で、近日この1件に関する意図や全貌を話すとコメントした。



さらに同日は、AERA dot.によるヒカルさんのインタビュー記事(外部リンク)が公開されるとヤフートピックにも掲載され、財務・金融相の麻生太郎さんも会見でVALUについて見解を述べるなど、ヒカルさんやVALUの話題が社会的に集中して重なった日となった。

VALU騒動の波紋 様々な反応


この騒動を受け、各界の著名人も反応をみせている。



YouTuberのシバターさんは、ヒカルさんが以前、情報商材を販売していたことにも触れつつ「もう詐欺はやめないか」とヒカルさんに意見を投げかける動画を公開。なぜか最後は一緒にパチンコをしようとも呼びかけている。



また、株のトレードを趣味にするYouTuber・みずにゃんさんも、一連の流れを批判。優待をつけると言っていないというヒカルさんのコメントについて、VALU内で事前に優待を明言したとされる画面のキャプチャだという画像も公開、動画内で検証を行っている。

08/17追記:ただし、上記の優待発言については、VA販売前の初期設定において残ってしまった履歴で、株主優待の欄に優待を宣言したことはない、とヒカルさん自身が否定した。




メディアアーティストの落合陽一さんはTwitterで、今後もVALUで同じケースが増えるのではないかとコメント。




また投資家の山本一郎さんは、規約違反ではなく詐欺事案ではないかと指摘している。

なお、本件の中心人物とも目されている井川さんは、批判が殺到する中、VALUにて、下記のようにコメントしている。

インサイダーで儲けたというのは全くの誤解です!自分はヒカルがVALUをやるというので試験的に手伝っていただけです。今回、ヒカルから全部ファンに持ってもらいたいと相談されたので、自分の分も全て放出しました。元々ヒカルのVALUなので、得たお金は全てヒカルのために使います!井川さんのVALUより引用


今回の騒動は法律的な問題の有無に関わらず、今後のヒカルさんらの活動や、近年ようやく日本でも活況の兆しが見えた仮想通貨でのやり取りそのものに影響を及ぼしそうだ。