ボルシア・ドルトムントのウスマン・デンベレ【写真:Getty Images】

写真拡大

 ボルシア・ドルトムントに所属するフランス代表FWウスマン・デンベレは、バルセロナへの移籍に迫りつつあるのだろうか。15日付の独紙『ビルト』は、デンベレがドルトムントを離れることを示すような兆候があったと伝えている。

 バルサが獲得に向けてオファーを出していたデンベレだが、ドルトムントは移籍金1億ユーロ(約130億円)とみられる提示を拒否。さらに、無断で練習を欠席したデンベレに対してチームの試合や練習への参加禁止処分を下した。

 現在も処分は継続されており、デンベレの去就は不確定な状況のまま。だが『ビルト』は、ドルトムント南部にあるデンベレの自宅外で14日夜に動きがあったことを写真とともに伝えている。

 1台のメルセデスがデンベレの自宅前に駐車されると、3人の男が車から降りて家に入っていったという。約10分後にスーツケースやバッグなどを抱えて出てきた彼らは、それを車に積み込んで再びハイスピードで去っていったとのことだ。

 3人は、デンベレの親しい友人であると伝えられている。デンベレは現在クラブから連絡が取れない状態であり所在不明とのことだが、友人たちはすでに国外に滞在しているデンベレに荷物を届けるよう頼まれたのかもしれない。

text by 編集部