同棲カップルにリアルな生活費事情をぶっちゃけてもらった

写真拡大 (全2枚)

大好きな恋人と憧れの同棲。楽しいこれからの生活に思いを膨らますのもいいが、同棲を始める前にしっかり話し合っておきたいのが、生活費について。世の同棲カップルたちはどうやって決めているのだろうか?

同棲カップルにリアルな生活費事情をぶっちゃけてもらった

今回は筆者の友人である3組の同棲カップルに、リアルなお財布事情を聞いてみた。

CASE1.彼氏(38才)&彼女(32才)新宿区在住

・職業
彼氏:マーケティング系会社員 彼女:美容系会社員

・収入(2人分)
約500,000円

・家賃
120,000円

・生活費内訳
光熱費30,000円/食費40,000円/日用品など生活費10,000円

・生活費の分担
すべて折半。家賃と光熱費は彼がまとめて支払い、計算後折半して彼女が彼に払う。食費と生活費はほぼ彼女が買い物。その都度折半して彼が彼女に払う。

CASE2.彼氏(25才)&彼女(25才)武蔵野市在住

・職業
彼氏:ウェブ関係 彼女:フリーライター

・収入(2人分)
約450,000円

・家賃
85,000円

・生活費内訳
光熱15,000円/食費20,000円/日用品など生活費10,000円

・生活費の分担
基本、生活費に関しては彼氏が負担。家賃&光熱費は彼氏が支払い、食費&生活費は月々3万円を彼氏が彼女にお金を渡してやりくり。

CASE3.彼氏(28才)&彼女(28才)板橋区在住

・職業
彼氏:会社役員 彼女:派遣社員

・収入(2人分)
約700,000円

・家賃
92,000円

・生活費内訳
光熱25,000円/食費は完全に別/日用品など生活費10,000円
・生活費の分担

家賃は2人で折半。光熱費は彼氏、日用品は彼女負担。食費については普段から互いに外食派なので自宅での食事は、ほぼ皆無。一緒に外食した時は彼氏が支払う。

CASE1は家賃も生活費もすべて都度折半するタイプに比べ、CASE2は、彼氏がほとんど支払っている。結婚間近なこともあり、将来を見据えて彼氏が生活費全般を負担しているようだ。生活費は抑え気味だが、それぞれの趣味にお金をかけているとのこと。

彼氏の方が多めに支払っているCASE3は、ほとんど自宅で食事を摂らないという外食中心生活。「一応光熱費は彼だけど、払い忘れとかあると私が支払っています」とのことで、実際はもう少し彼女の支払いは多いそう。

これまで3組のリアルな声を紹介してきたが、カップルの数だけ生活事情が異なるのは当然のこと。円滑に同棲生活をスタートさせるためには、メリット・デメリットなどのポイントをしっかり押さえておくことが大切だ。

二人暮らし向け賃貸物件特集
>二人暮らし向け賃貸物件特集

同棲生活のメリット・デメリット【メリット】

・生活費を折半できる
・家事の分担ができる

【デメリット】

・金銭感覚のズレでもめる
・自由な時間が少なくなる

何と言っても、家賃や水道光熱費といった生活費を折半できる点がメリットに挙げられる。女性の場合は防犯面からも彼と一緒に住むことで、より安心感が得られる点、2人で家事を分けることで負担を軽減できる点もメリットだ。
デメリットを上げるとすれば、お金の管理の仕方で意見が合わない、お互いの自由な時間が少なくなるなどが挙げられる。結婚前提の同棲の場合、一緒にいることになれてしまい結婚時期を逃してしまうというケースもあるようだ。

同棲前に知っておきたい家賃と生活費について

彼と彼女で家賃の分け方に正解はない。女性の社会進出が身近になっていることからも、必ずしも男性が多く支払わなければならないということはなく、2人の関係性や収入の状況によって家賃の分け方が変わってくるようだ。
金の切れ目が縁の切れ目という言葉があるように、後になって揉めることがないようにしっかり話し合っておくのがポイントだ。

2DKと1LDK間取りはどっちがいい?

お互いのプライベートな時間がほしい、出勤・帰宅時間などにズレがある場合は、2DKなどの居室が2部屋あるタイプの間取りがお薦めだ。それぞれの持ち物が多い場合、1LDKだと収納スペースで揉めてしまうことも。
一方、1LDKは寝室や食事をするのも同じ場所になるため、2人の仲をさらに深めたい、一緒の時間を大切にしたいカップルには1LDKなどの、居室が1部屋のタイプの間取りが向いているかもしれない。リビングダイニングがあるため、お互いの友達を呼んでホームパーティーもしやすい。

東京都内(山手線)の家賃相場

2017年8月のCHINTAIデーターベースで山手線内の駅の1LDKと2LDKの家賃相場を比較してみると、1LDKの最高値は渋谷駅の19.4万円。最安値は田端駅の10.4万円だ。
一方、2K/2DKの最高値は秋葉原駅の13.8万円。最安値は田端駅の8.3万円だ。

1lDKと2K/2DKの家賃相場平均は2万円ほど変わるようだ。1LDKは人気の間取りであるため価格が高くなる傾向があるようだ。
また、家賃相場は最寄り駅や周辺環境、どの地域に住むのかによって大きく変動することを認識しておきたい。

ちなみに、家賃は2人の収入を合わせて全体の1/3くらいに抑えると良いと一般的に言われている。
生活費、急な病気に備えた保険料、趣味代など家賃以外の支出もあるため、収入に対する家賃の割合が大きくなると生活自体が苦しくなってしまう。2人の生活リズムや価値観を共有して、全体の収支バランスを知っておくことも重要だ。

2人で賃貸物件を契約するときの注意点

物件を借りる時は、契約者1人に対して連帯保証人が1人必要になる。しかし、同棲の場合は契約者が2人とみなされる。
貸主側としては同棲するカップルが破局してしまった場合、家賃を支払ってもらえないというトラブルを避けたいためだ。保証会社を使わない場合、連帯保証人も2人必要になる点に注意が必要。

どちらかの一人暮らしの家に同棲することになった場合も、注意が必要だ。最初の入居時には賃貸借契約書に「入居する人数」を記載している。この人数が1人から2人に変更されることになるので、必ず物件のオーナーに人数の変更が発生することに関して「許可」を得なければならない。

また、その物件を管理する管理会社が存在している場合、管理会社に伝えて、管理会社からオーナーへ「許可」をもらう形となる。

二人暮らし向け賃貸物件特集
>二人暮らし向け賃貸物件特集

同棲カップルが生活費でもめないために

・お互いの交際費を把握する
・生活費の支払いルールを決める
・同棲前にしっかりと話し合う

お互いの金銭感覚を把握することが、生活費で揉めないための第一歩。交際費を優先させる人、ファッションにお金をかける人、貯金が趣味という人というようにお金の使い道や金銭感覚は人によってそれぞれだからだ。
また生活費の支払いルールを決めておくのも円滑に同棲生活をする上で欠かせない。
片方がすべての生活費を支払うのは、不公平感やトラブルになりやすいため避けたほうが無難だろう。

例えば、水道光熱費は彼の口座から引き落とす、食材や日用品は彼女が買うといった感じで同棲前に話し合っておくとベターだ。
実際に生活してみると考えていたのと違うというのはよくある話。お金の話をするのは気が引けるという人も多いと思うが、乗り越えてほしいポイントだ。

同棲時の生活費節約テクニック

油断するとすぐなくなってしまうお金。楽しみながら節約テクニックを生活に取り入れたい。まずは、固定費(食費、ガス代や水道代などのインフラ費)の見直しを提案したい。節約の一例を紹介しよう。

例)
・インフラ(ガスなど)を見直す
・携帯電話をsimフリーなどにするなど通信費を見直す
・コンビニの利用を控え、遠くてもスーパーなどを利用する

引っ越し先がプロパンガスか都市ガスのどちらであるかを確認しよう。プロパンガスの単価は都市ガスに比べると高く、場合によっては2〜3倍の金額になる場合もある。
また、2017年4月からは都市ガスの自由化がスタートした。ガス会社間の競争が進むことでサービスが向上も期待されるため、よく比較して節約に繋げたい。

通信費は携帯電話をsimフリーにすると料金を節約できる可能性がある。月々の固定費の削減は、年換算にすると節約効果も大きくなる。

さらに、食費はコンビニよりもスーパーを多用した方が節約効果は高い。コンビニは便利だからこそ衝動買いしやすく、価格も定価であるためスーパーと比較すると割高になってしまいがちだ。
スーパーは、特売日やポイントカードを活用してお得に買い物ができる点も節約に繋がると言えるだろう。

同棲を検討している人は、これらの事例も参考にしながら、しっかり話し合ってから同棲生活をスタートさせることをオススメしたい。

二人暮らし向け賃貸物件特集
>二人暮らし向け賃貸物件特集

(ミノシマタカコ+ノオト)

※本記事は2017年8月に再加筆・修正致しました。