長女はしっかり者、末っ子は甘えん坊……。そんな「兄弟姉妹の生まれ順トーク」って結構盛り上がりますよね。筆者も一人っ子なのでワガママのレッテルを貼られたり貼られなかったり。

そんな「兄弟姉妹 生まれ順の差」を追求しているのが、TBSの情報バラエティ『この差って何ですか?』。8月15日放送の第4弾では、「相性が良い夫婦」と「相性が悪い夫婦」の差について紹介していました。

【ここでおさらい! 兄弟姉妹生まれ順の名称】
・「長子」とは、兄弟がいる場合の最初に生まれた子。
(※「長男(女)」の後に生まれた子供を「長女(男)」と呼ぶが、長子とは言わない。)
・「末っ子」とは、兄弟がいる場合に最後に生まれた子。
・「中間子」とは、兄弟がいる場合に最初でも最後でもない子供。
・「一人っ子」は、そもそも兄弟がいない場合の子。

心理カウンセラーの五百田達成先生によると、最も相性の良い夫婦の組み合わせは、

「長子」は、「長子」
「末っ子」は、「末っ子」
「中間子」は、「中間子」
「一人っ子」は、「一人っ子」

と、お互い同じ生まれ順が良いのだそう。この結果を聞くと「でもお互いに無いものを補うのが良いのでは?」と思いますよね。しかし五百田先生によると「結婚生活においては、考えていることや価値観が近いほうが良い。共同作業のパートナーという面で考えると同じ生まれ順同士の人の方が好相性といえる」という理由が言えるそうです。

番組MCの加藤浩次さんも末っ子同士のご夫妻。番組ゲストのビビる大木さん夫妻の末っ子同士、中尾彬さんご夫妻は長子同士、爆笑問題・太田さんご夫妻は一人っ子同士、と芸能界の仲良し夫婦はみーんな同じ生まれ順という結果に。

ここで気になるのが「相性の悪い夫婦」の組み合わせについて。離婚経験がある男女1000組を調査したところ、相性の悪い組み合わせベスト3は以下のとおりに。

第1位:「長子」×「末っ子」(253組/1,000組)
第2位:「長子」×「中間子」(189組/1,000組)
第3位:「末っ子」×「一人っ子」(184組/1,000組)

第1位の相性が悪い理由として考えられるのは「長子は計画を立てて行動、末っ子は他人任せ。特に子育て方針で意見が割れやすい」。

続く第2位は「長子は物事を自分で決めたがり、中間子は優柔不断なのでズレが出てくる」、第3位は「末っ子は他人任せ、一人っ子は誰かに面倒を見てほしい。その為この組み合わせは責任感や面倒見に欠ける。トイレットペーパーを自分では替えない」ということです。

編集部に聞き込みをしたところ、スタッフの1人に「長子」×「中間子」の組み合わせ夫婦が! 番組の指摘どおり「決め事はほとんど妻(長子)にまかせてます(笑)」とのこと。

血液型占い等と一緒で、あくまでもその傾向があるだけということですが、パートナーや友人とのちょっとした会話のネタにしてみてはいかがでしょうか?

その差って何ですか?
http://www.tbs.co.jp/konosa/

※画像は『その差って何ですか?』公式サイトより引用

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』