和っぽいのがあえてクール!ハイテク×刺し子柄なNMD

写真拡大

スニーカーには個性を求めたい人、和の要素が好きな人ならチェックしたいアイテムがadidas NMDより登場! 「NMD Sashiko edition」は、日本の伝統柄である “刺し子” からインスパイアを受けた折り模様を施した、オリジナリティあふれるアッパーが特徴的。まさに、伝統とテクノロジーの融合した一足です。

▲「NMD_R1 PK BZ0247」

アディダスの世界戦略モデル・NMD。アディダスの持つ最先端テクノロジーと、過去の名作モデルのディティールを合わせたラインです。その大きな特徴はプライムニット。アッパーがニット素材のため、小さくシャープなシルエットに。

▲「NMD_R1 PK BZ0248」

ニューモデル「NMD Sashiko edition」は、黒と白の二重糸のテクノロジーにより、プライムニットのアッパーに、“刺し子” からインスパイアを受けた織模様を表現しています。世界でも注目を集めている日本古来の伝統的な刺しゅう “刺し子” ですが、このデザインは新鮮です。

また、履いた瞬間にその快適性に驚く、クッション性と反発力に優れたBOOSTのミッドソールを採用。ミニマムなシューレースのシステムと、成形されたヒールパッチ、EVAのプラグパーツなどのディティールパーツがプラスされ、NMDらしさたっぷり。
シンプルなモノクロなので、さまざまなコーディネイトに合わせられそうです。

▲「NMD_CS2 PK BZ0248」

「NMD_R1」は、ブラックの要素の多い「BZ0247」とホワイトの要素の多い「BZ0248」の2カラーが2017年8月17日よりリリース。2017年9月1日は、デザインの少し異なる「NMD_CS2」がリリースされます。どちらもそれぞれ2万7000円。

和のテイストを感じる、海外からも人気を集めそうなこのニューモデル。オリジナリティと履き心地を求める人なら見逃せませんね。

>> adidas

 

(文/&GP編集部)