孤独な猫とおじさまのふれあいを描いた、漫画『おじさまと猫』。漫画家の桜井海(@sakurai_umi_)さんがTwitterで公開しているこのシリーズは「涙を誘う」「優しい気持ちになる」と人気を博しています。

『おじさまと猫』シリーズ

『ふくまる』と名付けられた猫は、おじさまと幸せな日々を過ごしていましたが、公開された最新話では、おじさまが「ごめんよ、ふくまる!」と謝罪する事態に。

一体何が起こったのでしょうか。

「君はここにきて幸せなのかな…」

ふくまるをお風呂に入れようとしたところ怯えさせてしまい、不安にかられるおじさま。

言葉が通じないからこそ不安になり、初めてのことばかりだからこそ、戸惑ってしまうもの。

「ふくまるは何が嫌いなんだろう」

「そばにいてほしくない時もある?」

「君はここにきて幸せなのかな…」

しかし、そんな不安を解消させてくれるのも、ふくまるなのです。

「君のちょっとした行動1つで、私の心は温まるんだよ」

最後のシーンでは、おじさまにとって、ふくまるはかけがえのない存在であることが伝わってきます。

この先何があっても、おじさまとふくまるなら乗り越えていけそう…そう感じさせられる回でした。

桜井海さんの和風な作品も要チェック!

桜井海さんの単行本『神とよばれた吸血鬼』全6巻が現在発売中です。

土地神として働く吸血鬼の主人公を中心に、賑やかで個性豊かな神様たちが登場します。愛らしい狛犬たちも、要チェックです!

[文・構成/grape編集部]