バルサMFブスケツがさらなる補強を希望…パウリーニョの加入は歓迎

写真拡大

 バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツが、さらなる補強をクラブに要求している。スペイン紙『アス』が15日付で伝えた。

 13日に行われたスーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)ファーストレグで、バルセロナはレアル・マドリードに1−3で敗れた。ブラジル代表FWネイマールが退団したことも相まってバルセロナは補強の必要性を叫ばれているが、ブスケツもこれに同調している。

 ブスケツは16日に行われるセカンドレグに向けた前日記者会見に出席。ブラジル代表MFパウリーニョが加入したことについて問われたブスケツは「パウリーニョの加入は良いことだと思う。僕たちが今持っているものとは異なるものを持っているからね」とコメントし、好意的に捉えているとした。

 ただ、加入が噂されるドルトムントのフランス代表FWウスマン・デンベレやリヴァプールのブラジル代表MFコウチーニョの話題になると、ブスケツは両選手について触れはしなかったものの戦力アップを訴えている。

「まず、説明したい。我々はリフレッシュしなければならないと僕は言ったけれど、それは敗北によるものではない。その時点でどのようなフットボールがなされているかが理由なんだ。ここに来る者は歓迎されるだろう。僕は最高の、クオリティの最も高い選手が来ることを願っているよ」