公式サイトより

写真拡大

 米「アマゾン(Amazon)」が8月15日、新サービスとなる「インスタント ピックアップ(Instant Pickup)」を発表した。購入から2分で商品をピックアップできるサービスで、スタッフ常駐の全米5カ所にあるピックアップカウンターで提供を開始している。
 インスタント ピックアップはプライム会員およびプライム学生会員限定のサービス。購入できるのは食料や飲料、パーソナルケア製品、充電器など"すぐに必要な"日用品やAIパーソナルアシスタント「Amazon Alexa」を内蔵したカメラ「Echo Look」などのアマゾンの電子機器が対象となる。アイテムはピックアップカウンターに設置されたロッカーに注文から2分以内でデリバリーされ、購入時に受け取るバーコードをかざすことで商品を受け取れるというセルフサービス方式。 新サービスについてアマゾンの担当者は「カスタマーの消費行動が進化する中で、商品をより早く受け取りたいというニーズに応え、スナックや携帯の充電器などプライム会員の時間を節約するためのサービス」と説明しており、現在5店舗のみでの展開だが、今後はアマゾンが大学周辺やキャンパス内を中心に出店している全米22カ所の実店舗でも順次導入していくという。