【ビルボード】V6『The ONES』が総合アルバム首位を獲得、アヴィーチー新作はDLのみで総合2位

写真拡大

 自身通算13枚目、約4年半ぶりのオリジナル・アルバムとなるV6『The ONES』が、CDを初週累計で125,523枚売り上げてこの部門1位を獲得。さらにルックアップ5位のポイントを加え、2位以下を大きく引き離す形で今週の総合アルバム・チャート“Hot Albums”首位を獲得した。

 2位には、アヴィーチーの新作デジタルEP『アヴィーチー(01)』が入った。日本時間8月10日23時に世界同時リリースされた本作は、2016年のDJ活動引退宣言から初めて発表された新作で、木曜深夜の配信開始だったのにも関わらず、大きなダウンロード・ポイントを積み上げ、総合アルバム2位でチャート・デビュー。K-POPやサントラを除いて、海外アーティストの作品が“Hot Albums”でトップ3に入るのは、2017年4月17日付のチェインスモーカーズ『メモリーズ...ドゥー・ノット・オープン』以来、約4か月ぶりのこととなる。

 チャン・グンソクの日本4thアルバム『Voyage』は、CDセールス2位、ダウンロード21位、ルックアップ34位となり、総合アルバムで3位にチャート・イン。また、ジョン・ヨンファ(from CNBLUE)の日本2ndソロ・アルバム『Summer Calling』は、CDセールス4位、ダウンロード11位、ルックアップ69位となり、総合アルバム4位を獲得。ダウンロードではチャン・グンソク『Voyage』を上回ったものの、CDセールスとルックアップのフィジカル領域でつけられてしまった差を覆すには至らなかった。


◎【Hot Albums】トップ10
1位『The ONES』V6
2位『アヴィーチー(01)』アヴィーチー
3位『Voyage』チャン・グンソク
4位『Summer Calling』ジョン・ヨンファ(from CNBLUE)
5位『"GIGS"CASE OF BOΦWY -THE ORIGINAL-』BOΦWY
6位『TYCOON』UVERworld
7位『真っ白なものは汚したくなる』欅坂46
8位『CYCLE HIT 1991〜2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』スピッツ
9位『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』Mr.Children
10位『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』Mr.Children