ダグラス・グローリはシャペコエンセの一員としてクラブのスピリットを継承していく【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

悲劇に襲われたシャペコエンセ。再出発は前途多難

 世界中に衝撃をもって伝えられたチャーター機の墜落事故から9ヶ月、選手や関係者の多くを失って再建の途中にあるシャペコエンセが来日した。かつての仲間たちが遺してくれたスルガ銀行チャンピオンシップの浦和レッズ戦に臨んだ彼らの中に、ひときわ特別な感情を抱いてプレーしている選手がいた。事故の後、最初に加入したDFダグラス・グローリが秘めるシャペコエンセへの思いに迫った。(取材・文:舩木渉)

--

 2016年11月28日、世界中が悲しみに包まれた。

「ラミア航空2933便墜落事故」という名前で記録されている悲劇的な惨事は、多くの人々の記憶に別の形で刻まれているだろう。コパ・スダメリカーナ決勝第1戦に臨むはずだったブラジル1部のクラブ、シャペコエンセの選手や関係者を乗せたチャーター機が、遠征先のコロンビアの山中に墜落した。

 犠牲者71人、生存者6人という大事故。亡くなった人の中には選手19人をはじめ、監督、スタッフ、クラブ幹部、同行していたメディアなども含まれていた。日本でもかつてJリーグでプレーしたケンペス(元C大阪、千葉)やクレーベル・サンタナ(元柏)、チエゴ(元京都)、アルトゥール・マイア(元川崎F)、そしてカイオ・ジュニオール監督(元神戸監督)が犠牲になったことで大きな話題となった。

 会長以下クラブの大部分を一度に失ったシャペコエンセだが、その後コパ・スダメリカーナ決勝で対戦するはずだったアトレティコ・ナシオナルからタイトル譲渡の申し出を受け、8月のスルガ銀行チャンピオンシップで来日を果たすことになる。

 しかし、これまでの再建の道のりは決して平坦ではなかった。リーグや競合クラブから「3年間降格なし」「選手の無償レンタル」という申し出を断り、プリニオ・ダビ・デ・ネス・フィーリョ新会長の下で再出発を図る。

 新チームが始動した1月初旬の時点で、墜落事故当時に在籍して生き残っていた選手たちのほとんどが退団あるいは移籍という形でシャペコエンセを去っていた。残留したのは元アビスパ福岡のモイゼス・リベイロとベテランFWのネネン、アルゼンチン人FWアレハンドロ・マルティヌッキオ(その後退団)、そして事故から生還してリハビリ中のネットとアラン・ルシェウの5人のみだった。

 まずは最低限の人数を確保するため下部組織から10人を昇格させ、バイーアの下部組織からも有望株を1人獲得。さらにレンタル移籍とフリートランスファーの選手たちを中心に補強を進め、15人と新たに契約を結んだ。

生え抜きDFが「スピリットを継承するため」に2度目の復帰

 昇格以外で新たに加入した選手のうち、昨年12月中旬に発表された最初の4人の中に特別な存在が1人いた。クルゼイロからのレンタルでやってきたDFダグラス・グローリである。彼にとって今年が3度目のシャペコエンセでのプレーということになる。

 シャペコと同じサンタ・カタリーナ州サン・ミゲル・ド・オエステ出身のグローリは、シャペコエンセの下部組織で育ち、2008年にトップチーム昇格を果たす。当時クラブはブラジル全国選手権3部に所属していた。

 その後2011年から徐々に出場機会を増やし、全国選手権1部の強豪グレミオに引き抜かれる。だが、国内トップレベルの競争を勝ち抜くのは難しく、レンタル移籍を繰り返した。その過程で2014年にシャペコエンセ復帰を果たし、全国選手権1部まで上り詰めていた古巣のレギュラーとして活躍する。

 翌2015年にはグレミオからクルゼイロへ完全移籍を果たし、昨年はレンタルでポンチ・プレッタに在籍。そして今年、三たびシャペコエンセのユニフォームに袖を通すこととなった。

 ただ、グローリにはシャペコエンセ復帰を決めるにあたって葛藤があったという。「自分も事故でたくさんの友人を失って、チームに戻るかどうか感情面で少し迷ったこともあった」と、15日に行われたスルガ銀行チャンピオンシップの浦和レッズ戦後に明かした。

 では、なぜ古巣に戻ることを決断したのか。「迷った」とはいえ他の選手に先駆けて、いち早くシャペコエンセ加入を決めている。

「やはり戻ることが重要だと感じた。まずチームには選手がいなくなってしまった。それを補充するだけでなく、事故以前のスピリットを僕は知っているから、それを新しい選手たちに継承するためにあえて戻ろうと思ったんだ」

 シャペコエンセの「スピリット」とは「戦うこと」だとグローリは説明する。確かにそれは浦和戦でも見られた。

シャペコエンセが見せた「戦う」姿勢。スルガ銀行杯の意義

 長距離遠征の疲れからか明らかに動きは重かったが、0-0で終盤を迎えると相手のセットプレー時にボールを渡さず、わざわざ何人かの味方を経由して返すなど、「90分間で引き分けの場合は即PK戦」というレギュレーションを利用して貪欲に勝利を目指す姿勢を見せた。

 納得いかない判定には必死に食い下がった。後半アディショナルタイムのPKにつながるファウルの場面、判定に不満なシャペコエンセの選手たちは主審を囲んだ。その間にプレーが進まないようペナルティスポットに立ってボールを置かせないようにする選手、ゴールマウスに立たないGK…監督やスタッフ、控え選手たちもベンチから飛び出して無実を訴えた。

 グローリは「試合の最後は取り乱してしまって、皆さんに申し訳ないと思っている。誰かの気に障ったのなら謝りたい。亡くなった友人たちのためにも、このタイトルを本当に獲りたかった」と謝罪した。もちろん戦う姿勢を見せるのはピッチの上だけである。

 シャペコエンセ復帰が発表された昨年12月の記者会見で、彼は自らが育ったクラブへの思いを語っていた。

「ここに戻ってこられて心の底から嬉しい。僕はここで生まれ、このクラブからたくさんのものを与えてもらい、サッカーをしてきた。いま、僕はシャペの再建を助けるという非常に大きな目標を持っている。この場所に戻ってくる理由であり、素晴らしい1年を過ごせることを祈っている」

「大きな傷痕が開いて、永遠にふさがらない」

 あの悲惨な事故から9ヶ月が経ち、シャペコエンセは60試合近くをこなしてきた。サンタ・カタリーナ州選手権に始まり、コパ・リベルタドーレス、全国選手権1部、コパ・スダメリカーナなど数多くの大会に参加し、一見すると再建が順調に進んでいるように思える。

 それでもピッチ内の落ち着きを取り戻したことと、ピッチ外でクラブのこれまでの積み重ねを取り戻すことは違うとグローリは感じている。

「確かに事故以前は素晴らしい雰囲気だったけど、それはもう二度と戻ってこない。大きな傷痕が開いて、永遠にふさがらない、完治しないと思う。特に最初の数週間はみんな悲しみに暮れていて、とてもよくなかった。ただ時間とともにだんだん慣れてきて、徐々にいい雰囲気になってはいる。でも、かつてあったような雰囲気には二度と戻らないんだ」

 スルガ銀行チャンピオンシップは、天国へ旅立った仲間たちが遺した重要なタイトルマッチだった。ベンチスタートとなった本来の主将ウェリントン・パウリスタに代わってシャペコエンセのキャプテンマークを巻いて入場するグローリの顔は引き締まっていた。胸に抱えたコパ・スダメリカーナのトロフィーは、実際よりも重く感じたはずだ。彼はレンタル中の身で、来季どこでプレーすることになるかはわからないが、誰よりも試合の重要性が身にしみていただろう。

 1973年の創設以来、積み重ねられてきたシャペコエンセのスピリットはグローリのような選手たちによって、脈々と受け継がれていく。取り戻せないものが多くあったとしても、クラブをただ再建するのではなく、あの事故をスタート地点として、シャペコのスピリットとともに新たな文化を作り上げていこうとしている。

(取材・文:舩木渉)

text by 舩木渉