故障者と番狂わせ続出、デル ポトロがベルディヒを、杉田がソックを下す [ウェスタン&サザン・オープン]

写真拡大

 アメリカ・シンシナティで開催されている「ウェスタン&サザン・オープン」(ATP1000/8月13〜20日/賞金総額436万2385ドル/ハードコート)の男子シングルスは、故障と番狂わせが続出している。火曜日、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)は、大会を棄権した7人目のトップ10プレーヤーとなった。

 第6シードのラオニッチは左手首の故障のため、このマスターズ大会から棄権したと大会オフィシャルは発表した。

 これに先立ち、世界3位のロジャー・フェデラー(スイス)と、9位の錦織圭(日清食品)は月曜日に棄権。世界1位のアンディ・マレー(イギリス)と4位のスタン・ワウリンカ(スイス)、5位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)、前年度覇者で6位のマリン・チリッチ(クロアチア)は大会開始前に出場を取り消していた。

 2位で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)はドローの中に残っており、大会後の8月21日に発表されるランキングで、世界1位に復帰することになる。

 前述のラオニッチの棄権のすぐあと、今度はダビド・ゴファン(ベルギー)、トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)、ジャック・ソック(アメリカ)ら、そのほかのシード選手たちが、こぞって1回戦で敗退したのだ。

 まず30位のフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)が第10シードのベルディヒを3-6 7-6(1) 6-0で破り、2回戦に駒を進めた。続いて46位の杉田祐一(三菱電機)が第13シードのソック(アメリカ)を7-5 6-4で下した。

 デル ポトロは第1セットを落としながらもひるまず、第2セットではいきなり4-1とリードしてから最終的にタイブレークでセットを奪取。タイブレークでは5-0とリードし、最後はサービスエースでセットを締めくくった。彼はその勢いに乗って、第3セットでウィンブルドン・ベスト4のベルディヒを圧倒し、今年の1回戦での成績を12勝0敗に向上させた。

 脇腹の故障で先週のロジャーズ・カップから棄権したベルディヒは、短い休止後の初試合をプレーしているところだった。

 一方、日本の杉田は、ベースライン上に乗ったショットによってソックのサービスをブレークし、勝利をつかんだ。オンラインの判定はビデオによって確認された。

 第9シードのゴファンは、1回戦でニック・キリオス(オーストラリア)に2-6 3-6で屈し、シンシナティで敗れた最初のシード選手となってしまった。キリオスは次の2回戦で、予選を勝ち上がったアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)と対戦する。ドルゴポロフは1回戦でケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6-4 7-6(6)で下していた。またカレン・カチャノフ(ロシア)はディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-1 1-6 6-3で倒した。

 そのほかの1回戦では、このところ復調ぶりを見せているダビド・フェレール(スペイン)が2時間22分をかけ、スティーブ・ジョンソン(アメリカ)を6-1 5-7 6-3で下した。アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)は、予選を勝ち上がったミカエル・ユーズニー(ロシア)を乗り越えるのに、6-2 3-6 6-3とフルセットの戦いを必要とした。ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)は、第12シードのロベルト・バウティスタ アグートを7-6 (5) 6-3で退けた。

 また、この日は2回戦も行われ、第3シードのドミニク・ティーム(オーストリア)、第14シードのジョン・イズナー(アメリカ)が3回戦に勝ち上がった。ティームはファビオ・フォニーニ(イタリア)を6-3 6-2で、イズナーはワイルドカードで出場のトミー・ポール(アメリカ)を6-3 6-3で下した。第8シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)はイボ・カルロビッチ(クロアチア)に4-6 6-7(9)で敗れた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「ウェスタン&サザン・オープン」の1回戦で第10シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を下したフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)(写真◎Getty Images)
Photo: MASON, OH - AUGUST 15: Juan Martin Del Potro of Argentina celebrates after defeating Tomas Berdych of the Czech Republic during the Western and Southern Open on August 15, 2017 in Mason, Ohio. (Photo by Rob Carr/Getty Images)