【ソウル聯合ニュース】韓国の大手食品メーカー、農心は16日、同社の即席麺「辛ラーメン」が韓国食品としては初めて米小売り大手ウォルマートの全店で販売されると発表した。

 農心は2013年に韓国食品メーカーとしては初めてウォルマートと直接取引契約を結び、大都市の店舗を中心に製品供給を増やしてきた。

 ウォルマートでの辛ラーメンの売り上げは毎年30%ずつ増加している。

 農心は辛ラーメンの販売を米国内の小型・中型スーパーやコンビニエンスストアに拡大する計画だ。

 また、昨年5月からは米連邦議会議事堂や国防総省などの七つの主要政府機関で、辛ラーメンをはじめ農心の即席麺やカップ麺が販売されている。年内にホワイトハウスや米航空宇宙局(NASA)、国連本部などでの販売も進める計画だという。