米ニューヨークの学校で授業中に手を挙げる子ども(2012年2月6日撮影、本文とは関係ありません)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米ニューヨーク(New York)市でホームレスの児童の数が増加し、小学生の7人に1人以上の割合に達する可能性があることが15日に発表された報告書で明らかになった。

 子どもの貧困やホームレスの問題を研究する非営利機関「ICPH」によれば、住む場所を持たない公立学校の児童数は2015〜2016年度でおよそ10万人。全体の9%を占め、1年で20%増となった。

 経済と娯楽の中心都市であるニューヨークは全米で最も多くの人口を抱える一方、貧富の差が激しく、長年深刻なホームレス問題に直面してきた。

 世界中のどの都市よりも富豪の数が多いニューヨークで、富とジェントリフィケーション(再開発による地区の高級化)を追求し続ければ、ささやかな給料で生活している人々は手頃な価格の住宅を見つけるのに四苦八苦することになる。

 ICPHによれば、この6年間にホームレスの状態を経験した公立学校の児童は14万人を上回る。

 同機関の主席政策アナリスト、アナ・ショーアモア(Anna Shaw-Amoah)氏は、現在の傾向が今後も続けば、小学校の全児童のうち7人に1人以上がホームレスになると警鐘を鳴らす。

 ショーアモア氏によると、市内の全学区で少なくとも2%の児童がホームレスの状態にあるという。
【翻訳編集】AFPBB News