菅田将暉と桐谷健太、理想と現実の狭間で葛藤ーー映画『火花』予告映像

写真拡大

 菅田将暉、桐谷健太がW主演を務める映画『火花』より、予告映像とポスタービジュアルが公開された。

動画はこちら

 本作は、第153回芥川賞を受賞したお笑いコンビ・ピースの又吉直樹による同名純文学作品を、板尾創路監督が実写化したヒューマンドラマ。売れない芸人の徳永と先輩芸人の神谷が、もがきながらも自らの道を貫こうと生きる模様を描く。

 漫才の世界に身を投じるも、結果を出せず底辺でくすぶっている青年・徳永役を菅田、強い信念を持ち徳永の師匠となる先輩芸人・神谷役を桐谷が演じるほか、ヒロイン・真樹役で木村文乃、徳永と漫才コンビ“スパークス”を組む山下役で川谷修士(2丁拳銃)、神谷と漫才コンビ“あほんだら”を組む大林役で三浦誠己がそれぞれ出演。

 このたび公開された予告映像は、徳永と神谷によるボケとツッコミの応酬から始まる。夢に向かって全力で生きている2人の様を映し出す一方で、思い描く理想と現実の狭間で葛藤する様子などを収録。

 一方のポスタービジュアルには、“笑いながら、もがき倒した 10年間。”というキャッチコピーとともに、徳永・神谷の漫才シーンや、真樹を交えた3人の仲睦まじい姿などが捉えられている。(リアルサウンド編集部)