感動のビデオメッセージのはずが…… 『エイリアン:コヴェナント』K・ウォーターストンの特別映像

写真拡大

 9月15日に公開される映画『エイリアン:コヴェナント』より、特別映像が公開された。

動画はこちら

 本作は、リドリー・スコット監督が手がけた、『プロメテウス』の続編となる『エイリアン』の前日譚。人類の植民地となる惑星オリガエ6への移住計画のために、2000人の男女を乗せて地球を旅立つも、航海中に宇宙空間で大事故に見舞われた移住船コヴェナント号の乗組員たちが、未知の惑星で凶暴な生命体エイリアンをめぐる恐ろしい秘密に直面する模様を描く。

 このたび公開された特別映像は、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のキャサリン・ウォーターストン演じる、宇宙を航海する船長の妻で優秀なテラフォーミングの専門家であるダニエルズが、父親に宛てたビデオメッセージ。「ここが私の居場所だと思う」と、未来に希望を馳せながらも父親との別れに涙をこらえるダニエルズだが、彼らに待ち受ける衝撃の展開が混信しているような映像となっている。

 ダニエルズを演じたウォーターストンは、「息つく間もない展開がずっと続く。事態を飲み込む時間も与えられないまま、全員が無理やり行動させられることになる。本当に衝撃的なの」とその展開について明かす。そんな状況に陥るダニエルズについては「特に勇敢だったり、タフな人物ではない。物語が展開していくにつれ、そうなるだけよ。彼女は、最初からカッコよくてタフで戦う気満々な女性より、ずっと共感できるし、理解しやすいと思ったわ。だってそんな人はいないもの」とコメントしている。(リアルサウンド編集部)