画像はYouTubeより

写真拡大

牛乳石鹸が公開しているWEBムービー「与えるもの」篇に登場する父親に対し、困惑の声が多数寄せられ物議を醸している。

俳優の新井浩文が出演しているPR動画は、親子の絆がテーマ。頑固な父親に育てられ反面教師にすることで、自らは「家族思いの優しい父親」となった主人公の葛藤が描かれている。息子の誕生日をきっかけに、“このままの自分、父親でいいのか”という疑問を抱く主人公は、妻から誕生日プレゼントを頼まれても無表情。仕事帰りにケーキとプレゼントを購入するが、すぐには帰らない。部下とともに居酒屋行き、妻からの着信も「大丈夫」と無視する。案の定、帰宅すると妻からは、「なんで呑んで帰ってくるかな」と怒られるが、主人公は話の途中にも関わらず風呂へ逃亡。そして、風呂上がりでさっぱりとした表情の主人公は「さっきごめんね」と謝り、「さ、洗い流そ。」のコピーで動画は締めくくられている。

このPR動画を制作した電通によると、悩みを引きずりながら風呂に入り、また明日へ向かっていく姿を描いており、キャッチコピーの「さ、洗い流そ。」は、主人公のように子育てに悩みながらも毎日を頑張るお父さんへの応援メッセージだという。しかし、ネットでは父親の行動に違和感を感じたという人が続出。一貫して憂鬱そうな主人公に困惑する声が広がっている。

「意味不明すぎて怖い」「なんだこの被害者ヅラ。洗い流してんじゃねーよ、反省しろよ!」「一人息子の誕生日なのに一かけらも嬉しそうじゃない」「シンプルに牛乳石鹸の良いところアピールすりゃいいのに」「『うつ傾向の始まりを描いた作品』に見える」「深刻な愛着障害の事例じゃないかな、これ。虐待サバイバーという可能性すらあるのでは」「『サスペンスサイコホラー映画の予告編』じゃないの?」「『洗い流そ』ってコピーが怖くなってきた。妻子惨殺して牛乳石鹸で手を洗う新井さんしか浮かばない」

一方では、「このお父さん言葉が足りない昔ながらの『不器用』な人なんだなと感じた」といった声や、父親の行動を理解しようと「子供がすでに死んでしまっていて、それを受け入れられずに子供の誕生日を祝おうとする妻の言動に耐えられなくなってすべて洗い流してなかったことにしたい男の物語」という解釈も寄せられている。