ビーナスが勝利「何を期待すべきかよくわからなかった」 [ウェスタン&サザン・オープン]

写真拡大

 アメリカ・シンシナティで開催されている「ウェスタン&サザン・オープン」(WTAプレミア5/8月14〜20日/賞金総額283万6904ドル/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、第9シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)が66分の戦いのあと、アリソン・リスク(アメリカ)を6-2 6-0で退け、2回戦に駒を進めた。ビーナスは次のラウンドでアシュリー・バーティ(オーストラリア)と対戦する。バーティは予選勝者同士の対決で、バルバラ・レプチェンコ(アメリカ)を6-4 6-4で下して勝ち上がった。

「ここしばらくプレーしていなかったから、何を期待すべきかよくわからなかった」とビーナスは言った。ウィンブルドン準優勝のビーナスは、先週のトロントでは3回戦で敗れていた。

「彼女がフラットのボールが好きなこと、よくボールを返してくる選手であること、威勢がよく、活力ある選手であること、そしてコートが非常に遅いことも知っていた。今日はしっかり力を調整し、忍耐強く戦うことがカギだったわ」

 もうひとりの予選勝者、アレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)は、第12シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)を6-4 6-2で倒す番狂わせを演じた。第10シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)はノーシードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)に4-6 4-6で敗れ、大会からはじき出された。

 また、マリア・シャラポワ(ロシア)の棄権のおかげで出場権を手に入れたラッキールーザーのナタリア・ビクトリアンセワ(ロシア)は、予選勝者のドナ・ベキッチ(クロアチア)を6-3 2-6 6-3で下し、2回戦に進出した。アリゼ・コルネ(フランス)はキャサリン・ベリス(アメリカ)を7-6 (5) 3-6 6-2で下し、第11シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)はアナ・コニュ(クロアチア)を5-7 7-5 6-2で、第15シードのアナスタシア・セバストワ(ラトビア)はペン・シューアイ(中国)を3-6 6-4 6-2で、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したスローン・スティーブンス(アメリカ)はルーシー・サファロバ(チェコ)を6-4 7-6(5)で倒して勝ち上がった。

 この日は2回戦も行われ、第2シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が予選勝者のテイラー・タウンゼント(アメリカ)を6-4 6-1で、第4シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)が予選勝者のベアトリス・アダッド マイア(ブラジル)を6-2 6-0で、第7シードのジョハナ・コンタ(イギリス)はキキ・バーテンズ(オランダ)を6-3 6-3と、いずれもストレートで破り3回戦に進んだ。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「ウェスタン&サザン・オープン」で1回戦をプレーしたビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)(写真◎Getty Images)
Photo: MASON, OH - AUGUST 15: Venus Williams signs autographs after defeating Alison Riske during the Western and Southern Open on August 15, 2017 in Mason, Ohio. (Photo by Rob Carr/Getty Images)