ミューズ、当面はアルバムだけでなくシングルのみリリース?

写真拡大

今年に入りスタジオで撮影した写真を度々インスタグラムに投稿し、5月に新曲「Dig Down」をリリースしたミューズは、ニュー・アルバムの制作を開始したと噂されていたが、アルバムはしばらく保留するようだ。

◆ミューズ画像

ベーシストのクリス・ウォルステンホルムは、『Music Feeds』にこう話した。「業界は、僕らが始めたころ、間違いなく、僕らが1stをリリースしたときとは劇的に変わった。さらにこの5、6年でストリーミングが主流となり、音楽の聴き方に影響を与えている。僕らが若いときとは違い、人々はアルバム全体を聴くことに情熱を持たなくなった。業界や音楽を聴くプラットフォームは、個々の曲を聴き、独自のプレイリストを作るっていう人々の欲求に応じているように見える」

「だから、僕はところどころで(アルバムとは関係ない)シングルをリリースするっていうのは、試してみる価値があるんじゃないかって思ったんだ。プレッシャーも少なくて済む。『Drones』の後、僕らは少し休みを取ることに決めた。だから、今年はヘヴィにツアーをやらないけど、完全に消えてしまいたくもなかったんだ。バンドとしては、休みのときであろうが、アルバムを作る気がしないときであろうが、集まって楽しむのはいいことだよ。それで、いいものが出来たら、“単独のシングルとしてリリースしようか?”って思う」

ニュー・アルバムについては「僕らはどこかの時点でやる」と話した。

ミューズはサード・アルバム『Absolution』(2003年)以降、3年おきにアルバムをリリースしてきた。このペースだと2018年が新作の年になるが、今回はもう少し間が空くかもしれない。

ミューズは今月終わり、英国のレディング/リーズ・フェスティバルでヘッドラインを飾る。

Ako Suzuki