動画はこちら

ジャスティン・ビーバーが自らスペイン語でも歌唱しながら参加している、ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキーの楽曲「デスパシートfeat. ジャスティン・ビーバー」が全米ビルボード・シングルチャートにて全米14週連続1位を獲得した。

この記録は1995年にマライア・キャリー&ボーイズ・トゥ・メンが発表した「ワン・スウィート・デイ」に次ぐ歴代2位となり、近年では2015年のマーク・ロンソン「アップ・ダウン・ファンクfeat. ブルーノ・マーズ」や同じスペイン語楽曲では1996年発売の「恋のマカレナ」と並ぶ快挙となった。

「デスパシート」は先日オリジナルのミュージック・ビデオのYouTube再生回数が投稿からわずか7ヵ月で30億を超え、世界1位を獲得。日本では2週連続USEN総合ランキングで1位を獲得。

日本の中でも特に火がついている東海エリアを拠点とするZIP-FMでは『ZIP HOT 100』『ZIP DANCE HITS 20』の2番組のウィークリー・チャートでそれぞれ通算7週となる1位獲得し同局が持つ最多記録を達成。同エリアを拠点とする中京テレビの人気番組『PS純金』の8月度エンディングソングにも起用される等、近年まれに見る爆発的なヒット楽曲となっている。

楽曲のヒットはもちろん世界各国で”踊ってみた映像”や”歌ってみた映像”で社会的現象を巻き起こしている「デスパシート」だが、中毒性のあるイントロのギターの”弾いてみた映像”も現在話題となっている。夏の後半に突入しても「デスパシート」現象はまだまだ止まる気配はなさそうだ。





リリース情報



NOW ON SALE

DIGITAL SINGLE「デスパシートfeat. ジャスティン・ビーバー」

ルイス・フォンシ OFFICIAL WEBSITE

http://www.universal-music.co.jp/luis-fonsi/