「南蛮海老ソフトクリーム」

写真拡大

越後魚沼の名産品や郷土料理を提供する「雪国観光センター 魚野の里」は、えび煎餅と寒風干し甘海老をトッピングしたオリジナルソフトクリーム「南蛮海老ソフトクリーム」(350円)を、2017年8月11日から販売している。

「これはすごいインパクトだ」

同店は、これまでも、新潟の名物笹団子をモチーフにした「元祖笹団子ソフトクリーム」や、いなごの甘露煮をトッピングした「あぜ道ソフトクリーム」など、新潟でしか食べられないご当地ソフトクリームを発売してきた。

その第3弾となる「南蛮海老ソフトクリーム」は、想像をはるかに超えるものだ。

南蛮えびを丸ごと粉末にし、地元の味噌と混ぜ合わせた新潟限定の「南蛮えびの味噌汁の素」が濃厚な「生乳バニラソフトクリーム」にかけられている。さらにその上に新潟限定「南蛮えび煎餅」1枚と「日本海 寒風干し甘海老」丸ごと2尾をトッピング。見た目のインパクト十分だ。

公式リリースによると、おすすめの食べ方は、まずえび味噌と生乳バニラで食べ、次に寒風干し甘海老にバニラを付けて食べる。最後に、南蛮えび煎餅をディップで食べる――だそうだ。

SNS上では

「これはすごいインパクトだ」「新潟のセンスやばいwwww」「ロック過ぎるだろ......」

などといった驚きと賞賛の声が上がっている。

販売店の場所は、新潟県南魚沼市姥島新田699。

土産の購入は8時〜20時、食事は11時〜19時まで可能。

詳細は公式サイトにて。