学生の窓口編集部

写真拡大 (全16枚)


こんにちは! 都内を中心にさまざまな学食を巡っている早稲田大学学食研究会です。

日本人の大好物であり、蕎麦屋で蕎麦と補完関係にあるものであり、そして刑事ドラマで欠かせないものでもある「カツ丼」。そんなカツ丼の歴史は古く約100年前に遡ります。卵とじカツ丼の発祥と言われるのが、早稲田大学早稲田キャンパス付近にある老舗蕎麦屋「三朝庵」です。あるとき、当時高価だったとんかつが宴会のキャンセルなどで余ってしまいました。「冷めたかつはお客さんには出せない」と悩んでいたところ、常連の学生から「卵丼みたいにしてみたら」という提案があり、そばつゆで煮て卵でとじて作ってみたところ、これが大ウケ。見事に学生の心を掴んだというワケです。

慶應義塾大学日吉キャンパスの学食に潜入! 「グリーンズマルシェ」人気No.1はジューシーなチキン竜田【全国学食MAP】


※参照元:早稲田ウイークリー「カツ丼早稲田発祥説を探る」
https://www.waseda.jp/inst/weekly/features/special...


さて、そんなカツ丼誕生秘話から46年後、早稲田の三朝庵から4km離れた立教大学の学食でカツ丼に魅了された人物がいます。読売ジャイアンツ終身名誉監督の長嶋茂雄さんです。長嶋さんは立教大学在学中、「第一食堂」のカツ丼が大好物でした。なんと第一食堂では、現在でも当時のレシピのままのカツ丼が頂けるとのこと! はたしてどのような食堂なのか、そして長嶋さんが愛したカツ丼のお味とは……?

キャンパス&学食の外観


立教大学池袋キャンパスは池袋駅C3出口から徒歩3分の場所に位置しています。池袋は巨大なターミナル駅であり、駅周辺に広がる繁華街、東京芸術劇場やサンシャインシティなど、都会の多様性を垣間見ることができます。


立教大学と言えば、シンボルとなっているのがこの本館と“ツタ"。

有名な触れ込みとして、「受験生は本館のツタに触れると合格する』「新入生は本館のツタが枯れる秋までに恋人ができないと4年間ずっとできない」というものがあります。筆者は早稲田生ですが、どこの大学にもこういう都市伝説みたいなのがあるんだなぁとしみじみと思います。例えば早稲田で有名なものと言えば……『大隈銅像に登ると退学』ですかね(笑)。


第一食堂は正門から入り、ツタがモジャモジャの本館アーチをくぐると見えてきます。

入口にはこんなラテン語が掲げられています。


「APPETITVS RATIONI OBEDIANT」……日本語に訳すと、「食欲は理性に従うべし」。本来は「欲望は理性に従うべし」という哲学者キケロの言葉を「食欲」に言い換えたものですね。

学食の内観


学食研究会というサークルに入っているが故に、日ごろから「立教の学食ってどんな感じ?」と聞かれることがあります。自称日本一学食に詳しい我々はわかりやすいよう、こう答えるようにしています。「あそこはハリーポッターの世界だ」と。


ご覧ください。このまるでハリポタ、人間界では中世ヨーロッパの雰囲気。第一食堂は1919年落成、東京都選定歴史的建造物です。


木製のテーブルと椅子を使用しています! 木のぬくもりが写真越しにも伝わってくるのでは?

また、椅子には立教大学のセカンダリーシンボル「セントポールズ・リリー」、ユリのマークが彫られています。細かいところまでこだわりを感じますね。

メニューについて


「第一食堂」は、1950年に大学から営業委託を受けた「株式会社平井」さんにより運営されています。生協でも大型チェーンでもない、個人経営の学食だからこそ出せるメニューはバラエティに富んでいます。創意工夫がなされたメニューの一部をご紹介しましょう。


例えば、「シェフのおすすめ」。

「シェフ?! 学食にシェフなんているわけない。せいぜいパートのおばちゃんがシェフ風になっているだけじゃないの?」と思った人もいることでしょう。しかし、第一食堂にはなんと4名のシェフが在籍しています! 和食、中華、イタリアン、フレンチなど各分野で実績を積んだ一流の料理人たちが週替わりでスペシャルメニューを考案しています。


本日のスペシャルA『豚肉のブラックペッパー炒めどんぶり(ごま風味)』(420円)


本日のスペシャルB『チーズソースのローストチキンライスめんたいマヨがけ〜マッシュポテト添え〜』(460円)

これらのスペシャルメニューは数日〜1週間で変わるので、毎週行っても飽きることなく楽しめますね。


もちろん常時提供されている定番メニューもあります。

立教大学「第一食堂」のおすすめメニュー第1位「カツ丼(370円)」



先述の通り、第一食堂のカツ丼と言えば、野球界のレジェンド・長嶋茂雄さんが愛したことで有名です。当時からレシピは全く変わっていません。そんなカツ丼は月に1000食以上注文が入る、立教生に最も人気のメニューです!


そんな“レジェンド級"のカツ丼、素材にもこだわりが詰まっています。メインのカツは肩ロース肉を使用。毎朝、厨房で大きなロース肉を切り分け、一枚ずつ叩き、柔らかくしているそうです。丁寧な下ごしらえで仕上げられたカツは、肉厚・ジューシーでサクサクの衣に包まれています。カツとタマネギを一食ずつツユで煮てふわふわ卵でとじて、ごはんにON!お米は山形県産ブランド米「つや姫」が使われるというこだわりぶりです。


甘いツユの味付けは非常に食べやすく、万人受けする味わいとなっており230gのごはんでボリュームも満点! 一口食べれば、長嶋茂雄さんから今の立教生にも愛され続けている理由がわかります。「安い」「おいしい」「ボリューム満点」という三拍子を揃えた伝統のカツ丼、ぜひご賞味ください!

立教大学「第一食堂」のおすすめメニュー第2位「シェフのおすすめ(500円)」



取材日のシェフのおすすめは「牛肉のナポリ風ライスボウル カポナータ添え」でした。赤ワインで煮込んだ牛肉に合わせた自家製トマトソースを豪快にご飯の上にかけ、サラダを添えたもの。味、彩り共に「さすがシェフのおすすめ!」と言いたくなる一皿です。カポナータとは、野菜を煮込んだナポリ地方の伝統料理です。ズッキーニと赤・黄色パプリカがゴロゴロと入っていて、食感も楽しい一品です!




また、第一食堂では積極的に季節野菜をメニューに取り入れ、特に有機野菜にこだわり、学生の健康を常に考えているそうです。




この日、見せていただいたのは日替わりメニュー用のコリンキーという黄色カボチャ、ズッキーニ、黄色ズッキーニ、。どれも今が旬の夏野菜です。



立教大学「第一食堂」のおすすめメニュー第3位「本日のプレミアムパスタ(450円)」



「本日のプレミアムパスタ」は「鶏肉のローマ風(トマトソース煮込み、オレガノ、パプリカ)焼きパルメザンチーズ添えバケット付き」。第一食堂のパスタは作り置きを一切せず、注文を受けてから麺を茹でるので、食感はもちもち。トマトソースにはパプリカ、タマネギが入っていて、野菜のうまみをそのまま味わえ、オレガノの香りが食欲を掻き立てます。


てっぺんに載せられた「焼きパルメザンチーズ」と最後に振りかける粉パルメザンの濃厚なWチーズで、トマトソースのおいしさが倍増。また、プレミアムパスタは量が多いことも特徴で、一般的なレストランの1.5倍! お洒落なランチを食べたい! &お昼だからいっぱい食べちゃえ! という女子におすすめの一品です。

【総合評価】


おいしさ:★★★★★
メニューの豊富さ:★★★★☆
オリジナリティ:★★★★★
おしゃれさ:★★★★★
コスパの良さ:★★★★☆
ボリューム:★★★★☆


立教大学・第一食堂の平井さんは「学生に喜んでもらうことが一番」と語ってくれました。食材にこだわり、手作りにこだわり、学生の健康と食べる楽しみを第一に考えています。オープンキッチンの厨房では調理過程を見て安心して食べられるよう配慮しているそう。


「学生第一主義」を掲げ、愛され続ける第一食堂では教職員や卒業生の結婚披露宴を行うことができます。、シェフが腕をふるい、フレンチのフルコースが提供されるそうです。結婚式シーズンは毎週予約が入っているとか。


池袋に用事がある際には、学生への思いやりとこだわりが詰まった第一食堂へぜひお立ち寄りください! まずはカツ丼を注文して、歴史の風味を感じてみるのもいいかもしれませんね。


文・写真:早稲田大学公認サークル 学食研究会
1999年創立の日本最古の学食研究サークル。男女問わずインカレで現在約60名のメンバーが在籍し、都内を中心にさまざまな大学の学食を巡っています。