きのう15日(2017年8月)午後5時ごろ、台湾で大規模な停電が発生し、日本の九州とほぼ同面積の全土が真っ暗になった。「その原因が人為的なミスだったっていうんですね」と司会の小倉智昭が取り上げた。

原因は台湾北部にある火力発電所で、燃料の天然ガスが約2分間ストップしたことが原因という。午後11時ごろには全部復旧したものの、なかなか電気がつかなかった。

山中章子アナ「というのも、台湾はいま連日の猛暑で、一気に電気が復旧すると、もう一度停電になるおそれがあるということで、少しずつ復旧していったようです。夏休み中で観光客も多いですから、驚かれた方も多かったと思います」

小倉「なんで燃料ガス止まっちゃったんだろうね。よくわかりませんが」

似顔絵 池田マコト