フィオレンティーナに所属するニコラ・カリニッチ【写真:Getty Images】

写真拡大

 フィオレンティーナ(愛称:ビオラ)に所属する29歳のクロアチア代表FWニコラ・カリニッチのミラン移籍が今週中にも決まるかもしれない。15日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 同メディアは「現地時間17日(木曜日)にカリニッチのミラン移籍が期待されている」と報じ、最終的にフィオレンティーナからの獲得が完了するだろうと伝えた。移籍金2500万ユーロ(約32億5000万円)に300万ユーロ(約3億9000万円)のボーナスが加わる形で契約成立する見通しのようだ。

 また、カリニッチとは年俸300万ユーロ(約3億9000万円)の4年契約で個人合意しているという。フィオレンティーナはジェノアに所属するFWジョバンニ・シメオネ(アトレティコ・マドリー率いるディエゴ・シメオネ監督の息子)の獲得を目指しており、同選手の獲得に目処が立ったことから、カリニッチの移籍が間も無く成立すると考えられている。

text by 編集部