エマ・ワトソン×トム・ハンクス『ザ・サークル』11月公開 SNSが脅威となるショート予告も

写真拡大

 エマ・ワトソンとトム・ハンクスが共演する映画『ザ・サークル』が、11月10日に公開されることが決定。あわせて、ショート予告が公開された。

動画はこちら

 本作は、デイヴ・エガーズの同名小説をもとに、エガーズ自身と監督を務める『人生はローリングストーン』のジェームズ・ポンソルトが共同で脚本を執筆したSNSサスペンス。世界No.1のシェアを誇る超巨大SNS企業“サークル”に採用された新人のメイは、ある事件をきっかけにカリスマ経営者のベイリーの目に留まり、“サークル”が開発した超小型カメラによる新サービス“シーチェンジ”のモデルケースに大抜擢される。メイは自らの24時間をカメラの前に公開し、瞬く間に1000万人超のフォロワーを得てアイドル的存在になっていくが……。

 『美女と野獣』のワトソンが主人公メイ、『ハドソン川の奇跡』のハンクスが“サークル”のカリスマ的リーダーのベイリーを演じるほか、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のジョン・ボイエガ、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のカレン・ギラン、『6才のボクが、大人になるまで』のエラー・コルトレーン、そして今年2月に亡くなった『エイリアン』シリーズのビル・パクストンらが出演する。

 ショート予告は、世界一ホットなSNS企業“サークル”を訪れる、期待に満ち溢れたメイの姿から始まる。SNS上であらゆるものをシェアすることで、世界はよりよくなっていくという信念を持つカリスマ的リーダーのベイリーに迎えられ、メイはサークルの先進的な考えに陶酔していくが、便利で楽しいSNSが一変し、脅威となって襲いかかってくる様が描かれている。(リアルサウンド編集部)