KIRINJI 堀込高樹、映画『ロスト・イン・パリ』上映後トークショーに登場

写真拡大

 公開中の映画『ロスト・イン・パリ』の公開を記念し、8月11日渋谷ユーロスペースにKIRINJI 堀込高樹をゲストに迎え、ライター・編集者の小柳帝が司会をつとめるトークショーが行われた。

トークショー写真(全4枚)

 映画のトークショーに出演するのは初めて(本人談)という堀込高樹は、本作で初めてアベル&ゴードン監督の存在を知ったといい、司会の小柳帝から感想を聞かれると、「おもしろかったです。気負わなくていいのがいいですよね。こういう暑い最中に観るのがいいと思いました」と、夏にぴったりの映画だと太鼓判を押した。

 本作で監督・脚本・製作・主演をこなしたアベル&ゴードンは<ジャック・タチのエスプリを継ぐ監督>と言われていることから、トークはタチの話題へ。堀込は、もともとタチ作品を観たことはなかったがサントラは非常によく聴いていたということで、「タチ作品のサントラ風の曲を作ってゲーム会社に応募したら合格しました(笑)」と、思わぬエピソードも飛び出した。また、今回、本作にコメントを寄せるにあたって初めてタチ作品を鑑賞し、「アベル&ゴードンよりもタチの方がクレイジー。タチがすごいらしいからって観ると、もしかしたら難しいと感じるかも。そう考えるとタチ作品よりも『ロスト・イン・パリ』の方がフレンドリーな感じがしますね。ちょっとブラックなところもあるけど娯楽としてはこちらの方が安心して観られると思います」とコメント。タチ作品のノベライズ本の翻訳を行っている無類のタチフリークの小柳も、「逆にアベル&ゴードン作品を入口にタチ作品を観ていくのもいいかもしれませんね」と堀込の意見に納得の様子だ。

 本作のサントラには映画『ラストタンゴ・イン・パリ』のテーマ曲が使われているが、堀込はこの作品もサントラを聴きこんだ後に映画館へ観に行き、「ストーリーは正直よくわからなかったですね(笑)。それよりも、あの曲がかかった!という喜びを感じながら観ていました」と当時を振り返った。現在は、専ら「仕事が行き詰まると映画館に逃避する」そうで、「そうやって行くと意外とおもしろい作品に出合ったりするんですよ」と、自身の映画ライフについて語っていた。

 さえないオトナたちの世にも楽しい夏のどたばたパリ巡りの様子をサプライズとユーモアが詰まった “飛び出す絵本”のように描いた、映画『ロスト・イン・パリ』は渋谷ユーロスペースにて公開中のほか、全国劇場にて順次公開。

◎公開情報
映画『ロスト・イン・パリ』
渋谷ユーロスペースにて公開中、他全国順次公開
監督・脚本・製作:ドミニク・アベル、フィオナ・ゴードン
出演:フィオナ・ゴードン、ドミニク・アベル、エマニュエル・リヴァ、ピエール・リシャール、フィリップ・マルツ
2016年 / フランス、ベルギー / フランス語、英語 / 83 分 / カラー / 1:1.85 / 5.1ch / 原題:Paris Pieds Nus / 英題:Lost in Paris