【米ビルボード・アルバム・チャート】ケンドリック・ラマー『DAMN.』が4か月ぶりに1位返り咲き

写真拡大

 ケンドリック・ラマーの『ダム』が再浮上し、通算4週目のNo.1獲得を果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 2017年4月14日にリリースされ、翌週のアルバム・チャートで首位デビューを果たした本作。そこから3週連続のNo.1をマークし、以後TOP10内にランクインし続けていたが、およそ4か月ぶりに首位に返り咲く快挙を成し遂げた。今週、『ダム』が獲得したユニット数は47,000。本作のポイントが安定していたということもあるが、強豪がいなかったことや、ここ最近リリースされたアルバムの売上が伸び悩んだことも、本作が返り咲きの首位を獲得した理由として挙げられる。

 僅差でNo.1デビューを逃した、ブレット・エルドリッジの新作『ブレット・エルドリッジ』は、45,000ユニットを獲得し2位に初登場。ブレット・エルドリッジは、米イリノイ州出身のイケメン・カントリーシンガー。本作は、昨年10月にリリースした3rdアルバム『グロウ』から、1年経たずしてリリースされた、通算4枚目のスタジオ・アルバム。2015年リリースの2ndアルバム『イリノイ』で獲得した、最高3位を上回る、自己最高位を更新し、カントリー・チャートでも通算2作目のNo.1獲得を果たした。

 5位には、人気コンピレーション・アルバム『ナウ』シリーズの63作目が、およそ3万枚を売り上げデビュー。本作には、今週のソング・チャートでTOP10にランクインしている、イマジン・ドラゴンズの「ビリーバー」(今週4位)や、DJキャレドの「アイム・ザ・ワンfeat.ジャスティン・ビーバー、クエヴォ、チャンス・ザ・ラッパー&リル・ウェイン」(今週10位)など、この夏ヒットしたナンバーが多数収録されている。アーティストに拘らず、「最新のヒット曲を聴きたい」という方にはオススメ。

 先週の13位から9位へ、再びTOP10入りを果たしたのは、米ニュージャージー州出身のR&Bシンガー、SZA(シザー)のデビュー・アルバム『Ctrl』。6月9日にリリースされ、翌週のアルバム・チャートで3位に初登場。その後、TOP10圏外へダウンしたが、先行シングル「ラブ・ガロアfeat.トラヴィス・スコット」がヒット(今週35位)していることなど、アルバムのストリーミングが好調で、およそ2か月ぶりにTOP10入りを果たした。3位のDJキャレドや6位の21サヴェージ、10位のカリードも、シングル曲のヒットにより、アルバムがランクアップしている。

 24位には、米ルイジアナ州出身のラッパー、NBAヤングボーイ(NBA YoungBoy)のデビュー作『オール・ヤングボーイ』が、27位には、米テキサス州ヒューストン出身のラッパー、アグリー・ゴッドのデビュー・アルバム『ザ・ブーティー・テープ』が、それぞれデビューした。両者とも、今後の活躍が期待される、注目の新星ラッパーだ。

 次週は、およそ5年ぶりとなるケシャの復帰作『レインボー』が、上位デビューを果たすことが予想されている。


Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、8月16日22時以降予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『DAMN.』ケンドリック・ラマー
2位『ブレット・エルドリッジ』ブレット・エルドリッジ
3位『グレイトフル』DJキャレド
4位『Wins & Losses』ミーク・ミル
5位『ナウ63』V.A.
6位『Issa Album』21サヴェージ
7位『÷』エド・シーラン
8位『エヴォルヴ』イマジン・ドラゴンズ
9位『Ctrl』SZA
10位『アメリカン・ティーン』カリード