かつて江戸の町屋は粗末な草葺きだらけだった?町が繁盛するまでの道のり

写真拡大 (全3枚)

江戸の町のシステムは?

江戸時代のはじめ、江戸の人口は15万人ほどと伝えられていますが、18世紀の初頭には100万人を超える世界有数の大都市に発展しました。一説には世界一の都市ともいわれた江戸の町人は、職人と商人が中心でした。町奉行によって支配されていた町人地は、どんな風にして繁栄していったのでしょうか。

幕府より無料で支給されていた町人地に住むかわりに、幕府からのいろんな仕事を請け負う義務があったのです。同じ職業の人たちを一ヶ所にまとめて住まわせた職人町には、藍染屋が集まる町(神田紺屋町・南紺屋町・西紺屋町・北紺屋町)、大工が集まる町(元大工町・南大工町・神田横大工町・竪大工町)、畳屋(畳町)など、様々な町がありました。

歌川広重「名所江戸百景 神田紺屋町」

江戸市中を実際に管理していたのは町奉行ではなく、町人代表の江戸町年寄(えどまちどしより)でした。家康の江戸入りのときは、奈良屋市右衛門・樽屋藤左衛門、その2年後には喜多村弥兵衛が町年寄に任命されています。3人とも徳川家の旧領地から来ており、それぞれ御役所という名の住まいを与えられています。町年寄は奈良屋、樽屋、喜多村の3家が代々世襲で勤めました。

さらに、この町年寄の下には名主がつきます。この名主は、もともとこの付近に住んでいた町人がなることが多く、草分名主とも呼ばれていました。大体1人の名主が5〜8町をとりしきっていたので、なかなかの忙しさだったようです。

江戸と京都の違い

江戸時代はじめの頃の町屋は粗末なもので、草葺きだらけでした。ようやく江戸の町屋が板葺きになったのは、慶長6年(1601年)に駿河町で起きた大火で市中が全焼の後からです。板葺きの家は10年くらい経つと屋根のふき替えが必要になり、屋根屋と壁塗屋(左官)の出番です。屋根屋は口に含んだ竹釘を手際よく吐き出してものすごい速さで打ち付けていき、左官は足場を組み、こねた土を板の上にのせて塗りあげていきました。

一方、京都の町屋はほとんどが瓦葺きの二階建てですから、江戸の町屋の作りは遅れていることが窺えます。本町2丁目の滝山弥次兵衛なる者が、道に面した表側だけを瓦葺きにしたら、かなり評判になったとか。半瓦の弥次兵衛とよばれるほど、江戸の町人の注目を集めたのです。

江戸図屏風・左隻第2扇下

3代将軍・家光の時代になると、江戸の町も栄え始めます。瓦葺きの2階屋だけでなく、中には3階屋も見られるようになりました。町数は300町にもなり、後に古町(こちょう)とよばれ幕府から特別扱いを受けるほどになりました。

参考文献:新装版 江戸の町(上)、大江戸探検隊『大江戸暮らし』