「上田ちゃんネル」で古坂大魔王が結婚報告!/(C)テレビ朝日

写真拡大

8月17日(木)深夜1時にCSテレ朝チャンネル1で放送される「上田ちゃんネル」にて、「PPAP」の大ヒットによって世界を股にかけて活躍するピコ太郎の“プロデューサー”古坂大魔王が、15歳年下のタレント・安枝瞳と結婚したことを報告。8月に放送開始“12年目”に突入した長寿バラエティーの収録現場は、祝福の笑顔に包まれた。

【写真を見る】古坂の妻・安枝瞳は自身のInstagramで幸せいっぱいの結婚報告をしていた/※画像は安枝瞳(hitomiyasueda)公式Instagramのスクリーンショットです

古坂は既に、新妻となる安枝をメンバーには紹介済みで、くりぃむしちゅー・上田晋也もこれまで数回会っている。その印象を「明るくて、朗らかで、人懐こくて、いい奥さんで良かった!」と語り、古坂の門出を祝福した。

安枝といえば、アイドルDVDメーカーによる「プロが選ぶアイドルDVD賞2015」でMVPを受賞したこともある、元人気グラビアアイドル。ラストグラビア写真集となる「やっさん」を4月末にリリースし、2017年4月いっぱいをもってグラビアを卒業した。その後は、歌手業などタレントとして幅広く活動している。

そんな安枝と古坂の「PPAP」での大ブレーク前からの2人の馴れ初めや、気になるプロポーズの言葉、婚約指輪(秘)話、そして将来の子どもの育て方など、古坂が余すところなく語る。

「上田ちゃんネル」は、この8月で12年目に突入した、CSテレ朝チャンネルの“最長寿番組”だが、この番組に関しては「スタン・ハンセン」「ビッグバン・ベイダー」など、割とマニアックなプロレストークが多いことから、始まってわずか10分で寝てしまうことが多いんだそう。

なお、今回の古坂の吉報は、くりぃむしちゅー・上田晋也以外では12年目にして初の出演者による結婚報告。記念すべき放送第1回(2006年8月)の“ゲスト”出演以来、上田と初々しくトークを交わしていた古坂は「(芸人として苦しんだ時代に支えになっていた)この番組で報告ができて良かった」と喜びをかみしめた。