せともの大廉売市/※画像はイメージ

写真拡大

2017年9月9日(土)・10日(日)に、名鉄瀬戸線 尾張瀬戸駅周辺で「第86回せともの祭」が開催される。このイベントは日本最大級の陶磁器イベントで、毎年多くの人でにぎわう。

【写真を見る】お気に入りの食器を見つけてみよう/※画像はイメージ

作品展や瀬戸染付焼の展示・販売などがさまざまな催しが行われるこのイベントなかでも、特に目玉となるのは「せともの大廉売市」だ。瀬戸川沿いに約200軒の店が立ち並び、値打ちな価格でせとものが買える。その場で店主との価格交渉ができるのも魅力だ。普段使いの器から陶芸作品までお気に入りの一品を探してみよう!

また、国の伝統的工芸品「瀬戸染付焼」をテーマにした「青の広場」にも訪れてみよう。このエリアでは染付体験ができるほか、染付職人の実演が見られる。このほかにも、ミスせとものと鼓笛隊による「ミスせとものパレード」や花火の打ち上げなども予定されているのでこちらも注目したい!

“やきものの街”が誇る食器がズラリと並ぶ「せともの祭」。ずっと使いたくなるようなに出会えるかも!?【東海ウォーカー/淺野倫孝】