15日、台湾でも人気の高いお笑い芸人の渡辺直美について、主演ドラマの視聴率が好調なことから、コスパの高すぎる女優になったとメディアに紹介されている。写真は渡辺直美。

写真拡大

2017年8月15日、台湾でも人気の高いお笑い芸人の渡辺直美について、主演ドラマの視聴率が好調なことから、コスパの高すぎる女優になったとメディアに紹介されている。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

渡辺直美は台湾生まれの日台ハーフということで、台湾では親近感を持つ人が多く、人気と知名度が特に高い日本人タレントの1人だ。今年5〜7月に台北で展示イベント「渡辺直美展 Naomi’s Party in TAIPEI」も成功させている。

現在、初主演ドラマ「カンナさーん!」が放送されているが、1〜3話の視聴率は10%以上で、夏季ドラマの視聴率ランキングでトップ3に入るなど好調だ。このほど日本の週刊誌がドラマの主演女優たちのギャラを紹介し、渡辺直美は「1話につき60万円ほど」と破格の安さが明らかになった。これが台湾でも注目され、「コスパの高すぎる女優」「お笑いタレントから、数字の取れる女優へ飛躍」と、複数のメディアがその活躍を紹介している。

実姉や親戚が台湾に住んでおり、昨年末からは台湾観光局の観光親善大使も務めている。さまざまなジャンルに活躍の場を広げている渡辺直美について、日本人の粘り強さ、台湾人の楽観性を併せ持っているのが、成功の大きな理由だと伝えている。(翻訳・編集/Mathilda)