画像提供:マイナビニュース

写真拡大

東京急行電鉄は8月14日、目黒線武蔵小山駅の駅直結型商業施設「武蔵小山駅ビル」を、駅や街ごとの特色にあわせた店舗や施設デザインをコンセプトとした商業施設ブランド、「エトモ武蔵小山」として、9月14日(木)にリニューアルオープンすることを発表した。

今回のリニューアルでは、都心でありながら自然が豊かな武蔵小山に、駅前にも落ち着ける場所を作りたいという思いから「Koyama nest〜こやまの森の心地よい巣箱〜」をコンセプトとし、緑を感じられ、人との交流や新たな楽しみの生まれる空間を目指す。館内各所に休憩スペースや植栽を設置するとともに、屋上庭園にはベンチや緑を増やすなどして、ゆっくりと心地良い時間を過ごせる空間にリニューアルする。さらに、4階に新設する多目的ギャラリー「SUBAKO gallery(すばこギャラリー)」では、地域の人簿と参加できるさまざまなイベントを開催する。

テナントは、東急線沿線初出店となる「おむすび cafe ぐぅ」がアルコールを提供する新業態で出店するほか、週替わりで人気のスイーツ店が出店する「マイスイーツ」「ビアードパパ」「ゾフ」「フルーリスト ボンマルシェ」の5店舗が新たに出店する。既存店舗では、無印良品は小型店の「MUJIcom」となるほか、「タリーズコーヒー」「ブルーブルーエ」「ドンク」の計4店舗がリニューアルオープンし、全12店舗の構成となる。

エトモ武蔵小山の所在地は東京都品川区小山三丁目4番8号で、武蔵小山駅直結。店舗面 積は4,009.7平方メートルで、営業時間は店舗によって異なる。