男子ゴルフの世界ランキング2位・松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

今季4大メジャー通算スコアで堂々2位、非優勝選手で最上位…欧州ツアーが紹介

 男子ゴルフの世界ランキング2位・松山英樹(レクサス)は全米プロゴルフ選手権で最終日に一時首位に立ちながら、逆転でV逸。5位に終わり、悔し涙を流していたが、今季の4大メジャーで大健闘の数字を残している。欧州ツアーが公式ツイッターで紹介している。

 涙で終わった松山の4大メジャー最終戦だったが、堂々と世界に誇れる結果を残していた。

 欧州ツアーは「4大メジャーの予選通過者で最もロースコアを記録した選手」としてトップ5を公式ツイッターで紹介。4大大会の通算スコアで松山は首位と1打差の2位に入った。

 初戦のマスターズは11位の1アンダー、続く全米オープンは2位の12アンダー、全英オープンは2アンダーで、先の全米プロゴルフ選手権は5アンダーで通算20アンダーをマークしている。

 1位は全米オープンを制したブルックス・ケプラ(米国)の通算21アンダーで、全英オープンを制したジョーダン・スピース(米国)は10アンダーの5位。非優勝選手では最上位となり、いかに松山が大舞台で安定した成績を残しているかが見て取れる。

それでも、届かなかったメジャー初制覇…来季は優勝の壁を打ち破れるか

 もっとも、優勝に届かなかったのは事実。全米プロゴルフ選手権ではサンデーバックナインに単独首位で突入しながら、後半失速し、悲願のメジャー初制覇を逃した。

 米メディアには「乱調のパターが松山を失速に導いた」と指摘されるなど、課題も残されているが、4大大会で安定した成績を残した自信と手応えを力に変え、来季は優勝の壁を打ち破ることができるのか。歓喜の時を日本のファンも待ち望んでいる。

 欧州ツアーが紹介した「4大メジャーの予選通過者で最もロースコアを記録した選手」は以下の通り。

1位 ブルックス・ケプラ(※)
2位 松山英樹
3位 マット・クーチャー
4位 リッキー・ファウラー
5位 ジョーダン・スピース(※)

【注】※はメジャー大会優勝者