「やりすぎ」「何か間違っている」 C・ロナウド“5試合アウト”の裁定にレアルから不満続出

写真拡大

ジダン監督も記者会見で苦言 「5試合は多すぎだ」

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、バルセロナとのスペイン・スーパーカップ第1戦で退場処分を受け、その後主審を突き飛ばしたとして5試合の出場停止処分を科された。

 これに対してジネディーヌ・ジダン監督をはじめレアル側からは、納得できないとのコメントが続出している。

 スペイン紙「マルカ」によると、16日に行われる第2戦に向けた記者会見にジダン監督とスペイン代表DFダニエル・カルバハルが出席した。ロナウドの逆転ゴールによって宿敵相手に3-1で先勝しているが、ジダン監督は「リターンレグがあるのだから、サッカーではすべてが可能となる。バルサはファーストレグでも勝つチャンスがあったから、我々は最後の最後までプレーする必要がある」と気を引き締める一方で、ロナウドの処分についてはこう言った。

「我々は迷惑しているよ。私自身は審判団に干渉したくないと思っている。ただ起こったことについて見て、クリスティアーノは5試合プレーできないというのは何か間違っていると思う。5試合は多すぎだ」

同僚からは処分軽減を求める声も

 またカルバハルも「やりすぎの制裁で、イライラする状況だよ。僕は審判団のトップではないけれど、ロナウドは退場するに値しなかった。僕らは今回のペナルティーにムカついている。彼らがロナウドの出場停止数を軽減することを願っている」と、処分軽減を求める圧力をかけた。

 正式な処分決定について、ジダン監督は「まだ状況は知らない。我々は明日(水曜日)の裁定委員会まで待つ」ともしている。もし5試合出場停止が正式に決まれば9月末までロナウド抜きで戦う苦境にいきなり陥るだけに、レアルにとって気がかりな裁定となることは確かだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images