バルサの不動SBジョルディ・アルバ

写真拡大 (全2枚)

ジョルディ・アルバがバルサで試合デビューしたのは、2012年8月19日のレアル・ソシエダ戦(5-1)だった。この試合以降、アルバは左SBのポジションに欠かせない存在となっている。
アルバは2012年7月5日に、バレンシアからバルサに移籍金1,400万ユーロ(約18億円)で加入した。

【関連記事:注目2選手 近日中にバルサへ】

FCバルセロナに加入して以来、計11タイトルを獲得している。タイトルの内訳は以下の通り:リーガ3回優勝(2012-13、2014-15、2015-16)、スーペルコパデエスパーニャ2回優勝(2013-14、2016-17)、チャンピオンズリーグ1回優勝(2014-15)、UEFAスーパーカップ1回優勝(2015-16)、クラブワールドカップ1回優勝(2015-16)

FCバルセロナの下部組織アレビンBで10歳からキャリアを開始したアルバは、シーズン03-04にカデテBへ入団、2シーズンプレーした後コルネジャに加入した。その後バレンシアBへと移籍し、ナスティックへのレンタル移籍を経てバレンシアに加入した。