#1より続く)

 失礼ながらほんわかタイプに見える川崎フロンターレのリーダー、鬼木達(とおる)監督。

 試合中にエキサイトするシーンも、オーバーアクションも特にない。かといって、睨みを利かせて気難しそうに試合を眺めているわけでもない。

 試合前に「猪木ボンバイエ」ならぬ「鬼木ボンバイエ」がサポーター席から上がるなど、ちょっといじられキャラでもあるような……。

 フロンターレのホームゲームはいつも企画満載。老若男女、子供連れとアットホームな笑顔が溢れる場内の雰囲気は何とな〜く鬼木監督のキャラともマッチする。

◆ ◆ ◆


 

いろんなことを気にしすぎないように

――あんまり感情を表に出すタイプには見えません。

「現役時代は結構、感情の起伏が激しかったんですけどね、結婚してから年を重ねるごとにどんどん落ち着いていったというか……。でも選手に対してもハッキリ言うときは言うし、怒るときは怒りますよ」

――監督業はストレスもかなり多いと思うのですが。

「自分ではネガティブ志向だと思っていたんですけど、最近はちょっとポジティブになりつつあって。ストレスチェックをしてみたら、全然なかったんです。分析とか試合のことを考えて寝ちゃいけないと思っていても、寝てしまったりとか、ハハハ。まあ、いろんなことをあまり気にしすぎないようにはしています」

――鬼木さんは座右の銘とかあります?

「これがないんですよ。ただ、自分自身を見失わないということは気をつけています」

――関塚隆監督、高畠勉監督、相馬直樹監督、風間八宏監督のもとでトップチームのコーチを7年間、務めました。コーチ経験が活かされているなって感じるところは?

「声の掛け方というのは凄く勉強になったと思います。ああ言ったら良く伝わるんだなとか、逆に伝わらないんだなとか。やっぱりコーチなんで、選手の反応がダイレクトに入ってくるんですよ。このタイミングで監督がネガティブな話をすると、選手もネガティブになっちゃうんだな、とか。逆に監督がネガティブな状況でポジティブな話をしても、選手から『今の試合内容で本当に悪くないんですか?』と聞かれたこともあって、コーチの自分が監督の言葉を補足したりとか。だから自分の気持ちに嘘偽りなく、本気になって伝えるというのは、コーチをやってきたからこそ学べたことだとは思います」

「これやっといて」より「何かやっといて」のほうが効く

――コ―チ経験が長いから、自分のもとで働くコーチの気持ちも分かるんじゃないですか。

「『これやっといて』と『何かやっといて』では違うと思うんです。『これ』だと限定されるけど『何か』であれば、コーチもいろいろと考えるし、信頼されているんだなって思える。任されると僕もコーチ時代に嬉しかったし、力も発揮できるというか。だから『何かやっといて』でやれればいい。スカウティングやフィジカルなど専門的なコーチが入ってくれて、コミュニケーションを取りながらやっています。基本的にはできる人に任せたいというのはありますね」


 

――コ―チ陣に対して何か気をつかっているところは?

「監督室で相手の映像を見たり、考えたりして遅くなってしまうことがあるんです。僕がクラブハウスにいると、コーチもなかなか先には帰れないじゃないですか。長くなりそうなときは『先に帰ってね』って声を掛けておきます」

スタッフの“フロンターレ愛”に応えたい

――フロンターレは、ホームゲームの企画やイベントが満載で、Jリーグのスタジアム観戦者調査において地域貢献度で6年連続(10〜15年)1位に輝いています。スタジアム収容率も約8割と人気が高い。試合のハーフタイムでフォーミュラカーを爆音立てて走らせたり、スターティングメンバーの発表を相撲の呼び出し風にしてみたり、ファン、サポーターを楽しませる企画やイベントが多い。監督として、フロンターレ独自のアミューズメント路線をどう思いますか?

「いいと思いますよ。事業部のフロンターレ愛というものを凄く感じます。現場が結果を出せないときも工夫をした企画でお客さんを呼んでくれますから。僕たちが結果を出せれば、もっと呼びやすい状況をつくれると思うし、相乗効果になっていければいいですよね。現役のころはどうしてこんなにイベントが多いんだろうとは思っていました。でも現役を引退して育成のコーチになって、ファン感謝デーの準備を手伝ったことがあったんです。事業部の人は朝5時ぐらいから準備してくれて、凄くありがたいなって思いました。彼らのフロンターレ愛に応えなきゃいけないなって感じています」

――このクラブは、ファンサービスを重視してファンと現場の距離が近い。例年、シーズン前の商店街への挨拶まわりも恒例ですけど、鬼木さんの現役時代もやっていたんですか。

「ありましたけど、フロンターレのことはまだ全然知られていなかったんで(反応は)それほどでもなかったというか。今年1万人の方に来ていただいたファン感謝デーも僕らのときは少人数で収まっていましたから。そう思うと(今の人気ぶりは)嬉しい限りです。現場を預かる身としては選手の負担になってしまうことはなるべく避けたいですけど、そのあたりも事業部はよく分かってくれていると思うので。いろいろとファンとの交流の場があるというのはフロンターレらしくていいなと思います」


 

――監督だとなかなか家庭サービスもできないんじゃないですか。

「小学校6年生、3年生の男の子がいますけど、ほったらかしで妻に任せています(笑)。感謝しています」

――フロンターレはACLで準々決勝に進み、Jリーグでも上位につけています。そして観客も集まって、スタジアムはにぎわっています。このクラブのリーダーとしてどうありたいと思いますか。

「もちろん監督なんで、先頭に立ってやっていかないといけないとは思っています。勝利に対する執念を含め、自分の姿勢を見せていくことが大切だと感じているので。だから俺たちもこうしなきゃいけないって選手たちが思ってくれればいい。ただ、任せるところはうまく任せながら。このクラブにはフロンターレ愛の強い人が凄く多いので、みんなで盛り上げていければいいですね」


 

写真=鈴木七絵/文藝春秋

(二宮 寿朗)