画像提供:マイナビニュース

写真拡大

お盆休み直前となった今、これから実家に帰ろうという人も多いだろう。筆者も毎年この時期に実家に帰ることが多いのだが、いつも悩むのがお土産。東京駅や上野駅、品川駅など、土産屋の多い駅で購入することが多いが、数がありすぎて決められない。そこで今回、そんな人にオススメの一品を紹介しよう。

紹介するのは、「PRESS BUTTER SAND」の「バターサンド」(6個入り/税込1,020円、10個入り/税込1,700円)。店舗は、JR東京駅構内の丸の内南口近くにある。

バターサンドと聞くと、六花亭の「マルセイバターサンド」を思い浮かべるが、同店の「バターサンド」は、北海道産のフレッシュバターをたっぷり使ったバタークリームとバターキャラメルを2層仕立てにし、それをクッキーではさみ焼きにしている。賞味期限は、店頭で受け取ってから10日間とのこと。

実際に食べてみると、外側のクッキーは固めで、ホロホロと崩れていく。中に閉じ込められていたクリームはとろりとしたものと、しっとりとしたものの2種類が入り混じり、舌触りの変化を楽しめる。コーヒーに合いそうな、濃厚な甘さだった。

「PRESS BUTTER SAND」の営業時間は8時〜22時。店頭では、「焼きたてバターサンド」(1個/税込170円)も販売しており、こちらは9時以降の提供となる(なくなり次第終了の可能性あり)。帰省で東京駅を寄る人はもちろん、ちょっとしたお土産に悩んでいる人も、ぜひ選択肢に加えてみてほしい。