【育脳音楽】聴かせるだけで夜泣きがおさまる?  赤ちゃんの寝付きがグンとよくなる「音楽」の秘密

写真拡大

赤ちゃんの夜泣きや幼児期の寝つきがよくないという悩みはよくあるもの。慣れない育児に追われるママの悩みのタネの一つでもありますよね。

夜泣きの改善にも! 「赤ちゃんがスヤスヤ眠るようになる」3つの方法

しかし、ある音楽を聞かせることで、赤ちゃんの夜泣きや寝付きの悪さが改善することもあるのだそう!

今回は自律神経研究の第一人者であり、『聞かせるだけで賢い子に育つ育脳CDブック (アスコムCDブックシリーズ)』の著者である小林弘幸先生に、その「育脳」にいいという音楽のしくみや効果について伺いました。

賢い子に育てるには音楽を!赤ちゃんの夜泣きも減る!?

ママの日頃の子育ての悩みとして多いのは、赤ちゃんの夜泣きや幼児のかんしゃく、グズり、寝つきがよくない、2歳頃のイヤイヤ期など。それらすべてが改善する音楽があるというのです。

それは「脳を育てる」音楽。その音楽を、自律神経の名医である順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生と、脳科学者の大谷悟さんがタッグを組んで開発しました。

なぜ音楽が脳を育てるの?

『聞かせるだけで賢い子に育つ 育脳CDブック』の記述によると、賢い子に育てるためには、いかに幼児期に脳の「前頭葉(ぜんとうよう)」の中にある「前頭前野(ぜんとうぜんや)」を発達させてあげるかが大切だといいます。

発達させるには脳のストレスを取り除くことが重要で、音楽によっても解決できるそう。

小林先生らによって開発されたオリジナルの育脳音楽を子どもに聞かせることで、脳が育ちやすい状態になるのだそうです。

なぜ夜泣きやかんしゃくなどが減るの?

育脳音楽を聞いて脳が育ちやすい状態になると、どうして夜泣きやかんしゃくなどが減るのでしょうか。

同書によると、前頭前野は「論理的思考力」や「記憶力」を司っているところなので、発達するとものごとを考える力、つまり「ジアタマのよさ」が身に付くのだそう。

とくにこのオリジナルの音楽はリラックス効果も高いため、大泣きしているときに聞かせると、負の感情から解放されるのだといいます。

そして前頭前野が発達すると、早い時期から自分で自分の感情をコントロールできるようになるため、かんしゃくを起こしにくくなったり、イヤイヤ期が早期におさまったりするなどの効果が生まれると考えられるといいます。

どんなときに聞かせればいいの?

小林先生によると、この育脳音楽は、次のようなシーンで聞かせるといいそうです。

子どもが遊んでいるとき

積み木、お絵かき、おもちゃのお片付けの最中などに音楽を聴かせてみましょう。

脳が活発に動いているため、育脳効果が高まり、集中力が増すのだそう。

負の感情に支配されているとき

泣いている、怒っている、不安を抱えているときなど、子どもがマイナスの感情に支配されている時に聴かせるということも効果的なのだそうです。

脳が興奮し、感情が高ぶっているため、音楽が落ち着いた心を取り戻してくれ、ストレスも和らぎます。

リラックスする必要があるとき

ベッドにいるとき、抱っこされているとき、絵本の読み聞かせのときなど、子どもにリラックスしてほしい時などにも、育脳音楽は効果を発揮します。

ストレスが解消され自然と眠りに落ちてくれたり、ミルクを飲むのにも集中力が増す、と小林先生は言います。

絵本の読み聞かせ時には、絵本の効果をサポートし、リラックスして聞かせることができるのだそう。

育脳音楽に隠された秘密

赤ちゃんの夜泣きが減り、子どものかんしゃくが減るなど、ママにとっては嬉しい魔法のようなこの育脳音楽。いったい、どんな音楽なのか気になりますよね!

小林先生は、育脳音楽について、「子どもの脳から不安やストレスを取り除くために、次の4つの特徴を持たせています。」と語っています。

その特徴は、

自律神経が整うメロディー母親のおなかの中で聞いていた心音を意識したリズム母親の高い声を意識した周波数「定位反射」を呼び起こすドラム

この4つだそう。

『定位反射』とは赤ちゃんにもともと備わる「原始反射」の一つで、突発的な音に反応して意識がそちらに向かう現象です。夜泣きに困っているときには、ぜひ聞かせてあげましょう。

さまざまな工夫が施されたこの育脳音楽。いますぐにでも聞かせてあげたいですね!

「この音楽は大人にも効果があります。自律神経が整う作用があるため、呼吸が整い、ストレスや不調が改善されるでしょう」と、小林先生が言うように、実はママ自身にとってもいい効果があるそうなのです。

子育て中、子どもの育脳をしながら、ママ自身の心と体も癒されるとは一石二鳥。夜泣きやかんしゃく、「イヤイヤ」に悩んでいるなら、一度試してみるのもよさそうです。