イングランド8部相当のアマチュアリーグに所属するルイスFCは、独自のクラブ運営方針に基づいて理想の形を追いかけている【写真:ショーン・キャロル】

写真拡大 (全2枚)

ブライトン躍進のすぐそばで。利益求めず運営される小さなクラブ

 今夏フットボール界の話題をさらったのは290億円が動いたネイマールの移籍であり、昨今はそういった想像を超えるスケールのニュースが飛び交う。イングランド・プレミアリーグは世界的な人気を獲得し、年々規模を拡大しているところだ。その一方で、イングランドにはフットボールの原風景とも言えるクラブも残っている。隣町がブライトン&ホーブ・アルビオンのプレミアリーグ初昇格に湧く中、8部相当のアマチュアリーグに所属するルイスFCは独自のビジョンを掲げて、地域に真のコミュニティ文化を作り出そうと奮闘している。彼らはどこを目指し、何を求めてクラブを運営しているのだろうか。(取材・文:ショーン・キャロル)

--

 先週土曜日(12日)、私の故郷のチームであるブライトン&ホーブ・アルビオンがプレミアリーグでの初めての試合を戦い、本拠地アメリカン・エキスプレス・コミュニティ・スタジアムでマンチェスター・シティに0-2の敗戦を喫する結果に終わった。

 イングランドのトップリーグ到達に向けたシーガルス(編注:ブライトンの愛称)の道のりは長く劇的なものだったが、4シーズンで3度のプレーオフ敗退を味わった後、昨年のチャンピオンシップを2位で終えてついに昇格を成し遂げた。

 もう少し過去を振り返れば、ちょうど20年前には4部リーグまでで構成されるプロサッカーのピラミッドから転落する寸前にまで追い込まれたこともあった。1996/97シーズン最終節のヘレフォード・ユナイテッド戦でロビー・ライネルトが62分に同点ゴールを奪い、総得点差で辛うじて92チームによるプロリーグの一員の座を維持することができた。

 旧ファースト・ディビジョンでブライトンが最後にプレーしたのは1979年から1983年まで。今回のトップリーグ復帰は当然ながら地元の町を大いに盛り上げ、明るいニュースとして全国に伝えられた。現在のイングランドでは多くのファンが、企業とカネにより推進されるプレミアリーグへの期待を急速に失い、しばしば「本来の」フットボールと呼ばれるものとの繋がりを再構築しつつある。

 移籍金の世界最高額となる約290億円でネイマールがバルセロナからパリ・サンジェルマンへ移籍することが決まった翌日に、私はそういった例のひとつであるルイスFCを訪問した。イングランドのサッカーピラミッドの8部リーグに属するコミュニティクラブだ。ここでのやり方は他と全く異なっている。

 ブライトンの本拠地があるファーマーから、サウス・ダウンズを電車で横切ることわずか5分。ルイスFCは、地元共同体に人々の繋がりを提供し、それを維持するために存在するクラブとして着実に評価を高めつつある。

現在1200人のオーナーが存在。地元コミュニティの中心を目指す

 2007/08シーズン、ルイスFCはノンリーグ(編注:イングランドにおけるプロリーグより下の階層の総称)のクラブの多くが抱いている夢への一歩前進を果たした。プロリーグからわずか1段階下のカンファレンス・ナショナル(現ナショナルリーグ)への昇格を果たしたのだ。だがその翌日には、コーチングスタッフと選手のほぼ全員が契約を解除されてしまう。建築業を営むオーナー陣が、世界的な金融危機により多額の資金を失い、支払い不可能に陥ったためだ。

 牧歌的な本拠地ドリッピング・パンで123年間を過ごしてきたルイスFCも、破産の本格的な危機に立たされた。だが6人のファンが団結し、コミュニティークラブへの転換を通してクラブを消滅から救うことに成功。つまりファンが保有し、ファンが出資し、一切利益を生むことはないクラブになったということだ。

「現在1200人前後のアクティブなオーナーが存在し、それぞれが年間に最低で30ポンド(約4300円)を支払っています」とルイスFCのコマーシャルマネージャーであるケビン・ミラー氏は、プレシーズンのバージェス・ヒルとの親善試合の前に語ってくれた。フルタイムで働くスタッフは、彼を含めてわずか3人しかいない。

 興味を持った方がいれば、クラブへのサポートを誓ってオーナーの一員になることができる。支払う金額の多寡にかかわらず、どの個人もクラブを一口以上保有することはできない。ルイスFCはあくまでコミュニティ団体であろうと努めているためだ。

「非常にオープンで相互利益を生む共同体として、我々の収支は全てオンライン投稿され、売上高もそこに記されています」とミラー氏はクラブの構造について説明してくれた。「ネイマールの1週間の給料で、クラブの売上総額に相当するでしょうね」とも。

求めるものは利益にあらず。ルイスFCが掲げるサッカー文化

 利益を求めるのではなく、サッカーを楽しむために全員が協力するという文化を保持しているため、再びプロリーグ昇格を目指して戦っていくような大きな計画は存在していない。だが女子チームは、女子スーパーリーグへの昇格に向けて着実に前進しつつある。クラブは最近、プロあるいはセミプロの舞台で戦う初めてのシーズンとなる今季から、女子チームにも男子チームと同様の支払いを行うことを発表した。

「このレベルではまだ、FA(イングランドサッカー協会)の規定でも、観客席にアルコールを持ち込むことが認められています」とミラー氏は、ルイスFCの男子チームについて今後の展望を語った。

「ボスティック・プレミア(1段階上のリーグ)でもまだ認められています。もうひとつ上へ上がってもまだ認められますが、制限が設けられています。それ以上高く上がると、クラブの様子は一変することになります。クラブのバーを持たなければならず、店外でのアルコール摂取は認められません。クラブを取り巻く動きが変化することになりますが、我々はそうなることを望みはしないと思います」

 フラムやブレントフォード、ブライトンでプロ選手としてのキャリアを過ごしたあとルイスFCでプレーした経験を持つダレン・フリーマン監督も、このクラブの手法に魅せられた一人だ。

「素晴らしい設備もあるし、素晴らしいファンたちもいる。彼らは毎週のように選手たちに声援を送ってくれる」と43歳の指揮官は、バージェス・ヒルに3-1の逆転勝利を収めた試合後に語ってくれた。

「若い選手たちがピッチに出て、やるべきことを正しくやろうとしても、ミスを犯すこともあるだろう。それは理解している。25万ポンド(約3600万円)の給料を受け取ってもミスをする者はいる。我々は若い選手たちを信じている。彼らが仕事をできれば、それをチームのために役立てることができる。それこそが大事なことだ」

ルイスFCの理想の姿とは。サッカーを楽しむこと、それが全て

 U-5の少年・少女チームをスタートとして構成されるユース組織の選手たちを引き上げることで、ルイスFCはチームと地域の結びつきをさらに強めようとしている。フリーマン監督によれば選手たちは、勝とうとも負けようとも、試合後にはバーでサポーターと交流しているそうだ。自身もかつてFWとしてプレーしていた指揮官は、真のコミュニティ文化を築き上げるため、こういったオープンさが欠かせないと考えている。

「ファンがコンピューターの後ろに隠れながら批判してくるのではなく、こちらにきて話かけてくるのであれば、私はいつもオープンに接している」とフリーマン監督は語る。

「試合のたびにここに来て彼らに伝えるのは、何か不満があるなら私のところへ話をしに来てくれということだ。話をせずに済ますことは決してない。だが基本的に、このクラブのファンは素晴らしい。ここに来て指揮を執りたいとずっと望んでいたので、私にとっては名誉であり特別なことだ。我々はルイスFCを、このクラブがいるべき正しい場所へ導くことができると心から感じている」

 ミラー氏には、その場所がどこであるかについての明確な考えがある。クラブが存在を継続するためにはピッチ内外での成長が欠かせないとしても、ルイスFCはその友好的で非排他的な雰囲気を犠牲にしてまで、伝統的な意味での成功を追い求めようとはしていない。

「長期的にはイングランドの6部であるナショナル・リーグ・サウスで中位にとどまり、1500人から1800人ほどの観客を集め、時にはプレーオフ出場を争ったり、カップ戦で勝ち進んだりすることができれば、男子チームにとっては完璧であり持続可能なことです」とミラー氏は語る。

「そうなれば確かな収入を得て、まずまずの選手たちを引きつけることができます。それが程良いレベルであり、程良く観客も集まって、我々にとってはまさに完璧なことです。そこに到達するまで、あとわずか2年ほどだと思います」

 お隣ではブライトンが、プレミアリーグの夢を見続けるためにあらゆる手を尽くし、出費も行うことになるだろう。だがルイスFCとそのファンにとっては単純にサッカー自体や、サッカーの喜びと楽しみこそが、モチベーションとして必要なものの全てだ。

(取材・文:ショーン・キャロル)

text by ショーン・キャロル