エヴァートン、MFシグルズソン獲得で合意…移籍金64億円で争奪戦制す

写真拡大

 エヴァートンはアイスランド代表MFギルフィ・シグルズソン獲得でスウォンジーと合意に達したようだ。イギリスメディア『BBC』が15日付で報じている。

 移籍金は4500万ポンド(約64億円)と見られている。16日には本拠地グディソン・パークでメディカルチェックが実施予定だ。

 移籍が正式決定すれば、2014年にベルギー代表FWロメル・ルカクを獲得した時に費やした3100万ポンド(約44億円)を抜き、クラブ史上最高金額の移籍金を支払うことになる。

 シグルズソンにはレスターも獲得に動いていたが、7月に提示した4000万ポンド(約57億円)のオファーをスウォンジー側が拒絶。しかし、長期間の交渉を覚悟していたエヴァートンが、獲得レースを制した模様である。

 同選手は昨シーズンの公式戦で、40試合出場10ゴール13アシストをマークしている。