文大統領とTHAAD(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が先月初旬、ドイツ・ベルリンで開催された中国の習近平国家主席との会談で、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備問題を議論するための韓米中3カ国会談開催を提案していたことが16日、分かった。

 提案に対し、中国側は明確な立場を示しておらず、韓国青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)が最近、極秘で北京を訪問し、中国の高官らと接触したという。

 韓国の外交筋は「文大統領は習主席に対し、THAADは対北防衛用で中国をけん制するためのものではないことを確認するため、韓中共同の技術検証委員会を稼働させることや、THAAD配備問題を議論するための韓米中3カ国対話を行うよう提案した」と明らかにした。また、「習主席はその場で即答はしなかった」と伝えた。