エジプトの首都カイロの南、ミニヤ県カミン・サフラウィ地区で見つかった埋葬室(2017年8月15日提供)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】エジプト南部にある約2000年前の墓地遺跡から、サルコファガス(大理石の石棺)が収容されている古代の埋葬室3室が見つかった。同国考古省が15日、発表した。

 首都カイロ(Cairo)の南にあるミニヤ(Minya)県カミン・サフラウィ(Al-Kamin al-Sahrawi)地区で発掘されたこれらの埋葬室は、エジプト第27王朝からグレコ・ローマン(Greco-Roman)時代までの間に設けられた墓地内に位置している。考古省が声明で述べた。

 声明では、発掘チームが「さまざまな形や大きさのサルコファガスと粘土片を多数」発見したとする、同省で古代エジプト遺跡を統括するアイマン・アシュマウィ(Ayman Ashmawy)氏の発言が伝えられた。

 今回発見された埋葬室の一つは、岩を削った立て坑の先に設けられており、人の顔をかたどった彫刻を施したサルコファガスが4基収められていた。また、別の埋葬室には、2基のサルコファガスの残骸と6つの埋葬穴があった。そのうちの1つは、小さな子どもを埋葬するためのものと思われる。

 考古省によると、同遺跡で発見された粘土片から「埋葬室がつくられた時代は、エジプト第27王朝(紀元前525年に成立)からグレコ・ローマン期(紀元前332年〜4世紀)までと特定された」という。

 発見についてアシュマウィ氏は、「この地域が長期間にわたって巨大な共同墓地だったことを示唆するもの」としている。

 声明はまた、発掘調査を率いるアリ・バクリー(Ali al-Bakry)氏の言葉も伝えた。同氏は、埋葬室の1つで「さまざまな年齢の複数の男性、女性、子ども」のものとみられる骨が見つかっており、これは「埋葬室が大きな都市の大型共同墓地の一部を成すもので、一部(専門家)が示唆しているような軍の駐屯地ではない」ことを示していると説明している。

 今回の発掘作業は、同遺跡で2015年に開始された前回の発掘に引き続いて実施されている。考古省は「さらに多くの謎を解明するための作業が進行中」としている。
【翻訳編集】AFPBB News