「博多あかちょこべ」の「元祖キーマカレーうどん」(720円) そのまま食べ、途中で揚げ玉、最後にダシを投入。 「一度で3回おいしい」が商品のコンセプト

写真拡大

カレーのスパイシー化の波は近年、福岡のうどんにも訪れている。いわゆるカレーうどんと一線を画す、スパイシー系カレーうどんを3品ご紹介!

【写真を見る】粗挽きのブラックペッパーが入った揚げ玉が、「博多あかちょこべ」の「元祖キーマカレーうどん」のスパイシーの秘密

■ 博多あかちょこべの「元祖キーマカレーうどん」

福岡でいち早くスパイシーなカレーうどんを提供した走りの店。「元祖キーマカレーうどん」(720円)は老若男女に好まれるまろやかな味わいながら、スパイスの存在感をじわりと感じる一杯だ。始めはそのまま食べ、途中で揚げ玉、最後にダシを投入して、「一度で3回おいしい」が商品のコンセプト。

[博多あかちょこべ]福岡市博多区冷泉町7-10 / 092-271-0102 / 11:30〜15:00、18:00〜23:30(LO)、※日曜のみ11:30〜18:00(祝日は通常営業) / 不定休  

■ 練り込みうどん 権の「キーマカレーうどん」

「豊前裏打会」に所属する店。「キーマカレーうどん」は、幅3mm、厚み1.5mmながら弾力ある細麺とキーマカレーがよく絡む。タマネギをベースに、トマトやセロリなども加えた酸味あるカレーがあとを引く一杯。特製の一味唐辛子が味の決め手だ。平日昼は麺の大盛り無料。シメジやナスなどの天ぷら、小ライス付きで750円とお値打ちなのもうれしい。

[練り込みうどん 権(ごん)]福岡県糟屋郡志免町大字南里34-4 / 092-935-1177 / 11:00〜16:00、18:00 〜21:00(売切れ次第終了) / 木曜休み、ほか不定休あり

■ 侍.うどんの「巌流島」

福岡のカレーシーンに多大な影響を与えた「スパイスロード」(現在閉店)のスパイスを導入してカレーうどんに。クローブやコリアンダーなどからなるオリジナルのMIXスパイスを効かせ、銘柄鶏・古処鶏でとった鶏ガラスープを合わせる。侍スペシャル「巌流島」(1380円、土曜のみ提供)は、古処鶏のミンチを使用するつくねのほか、色とりどりの野菜が入った豪華仕様(カレーうどんは、その都度内容が変更される可能性あり)。

[侍.うどん]福岡市博多区博多駅前4-36-20 / 092-483-6300 / 11:30〜14:30(LO)、17:00〜売切れ次第終了 /月曜休み

暑い夏にはスパイシーなうどんは、最高の一品!まだ未体験のアナタは、ぜひトライしてみて!【九州ウォーカー編集部】