牛丼のイメージが強い吉野家ですが、それ以外のメニューも、すごく充実しています。その中でも、おかずや味噌汁などがセットになった「定食」は、1回の食事をちゃんと摂りたいというニーズに合致して、しっかり定着していますよね。

とはいえ、みんなはいったいどんな定食を選んでいるのでしょうか。超気になるので、お店の人に「吉野家の定食メニュー売れ筋トップ3」を聞いてみました!

※本企画で紹介している吉野家「定食メニュー」の人気ランキングは2017年6月の販売動向をもとにしています。情報提供:吉野家

【第3位】牛カルビ定食

並盛 640円|821kcal

ガッツリとパワーをチャージしたいなら、やはりこれでしょう! 牛バラ肉を醤油だれで香ばしく焼き上げた『牛カルビ定食』が3位にランクイン。

醤油だれは甘い味付けで、牛の脂とよく合います。コチュジャンの小袋もついているので、ちょっと辛めの味にカスタマイズすることも可能。牛カルビを食べるとさすがに口の中が油っこくなってしまいますが、そんなときにありがたいのがサラダ! これでさっぱりとさせましょう。

【第2位】ねぎ塩豚定食

並盛 510円|657kcal

夏季限定で登場した『ねぎ塩豚定食』が2位をゲット! みなさん、復活を待ちわびていたんでしょうか? 今年は「すりおろし生姜」がついています。

豚肉がさっぱりした塩だれで味付けされており、ちょっとバテ気味でもスルスル入ります。それでいて、ちゃんと肉を食べている実感を得られるので、満足度も十分。すりおろし生姜をちょいとのせると、ピリッとして食欲がさらに増しますね。ねぎのシャキシャキ感もいいアクセントになっていますよ。

【第1位】牛鮭定食

580円|740kcal

定食メニューの売れ筋1位は『牛鮭定食』でした。牛肉が食べたいけど、焼き魚も食べたい! という欲張りな悩みに応えてくれる定番メニューです。

鮭(トラウト)は、そのまま食べてもいいですが、ご飯にのせてお米と一緒に味わうとおいしさ倍増!

そして牛皿。七味唐辛子をかけたり、紅しょうがをのせたりと、アレンジは自由自在。人によっていろいろな食べ方ができる懐の深さこそ、『牛鮭定食』の魅力であり、人気の秘密かもしれませんね。

*    *    *

以上、吉野家の「定食メニュー」売れ筋トップ3をお届けしました!