山中慎介【写真:Getty Images】

写真拡大

ネリに4回TKO負け、まさかの敗戦を各国メディアが報道「ヤマナカは涙でリングを去った」

 WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦(島津アリーナ京都)は15日、同級王者・山中慎介(帝拳)が同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)に4回2分29秒TKO負けを喫し、日本タイ記録となる13度目のタイトル防衛に失敗した。元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高に並ぶV13はならず、衝撃は世界に広がっている。海外メディアが「」「」などと伝えている。

「山中、陥落」――。日本のファンにとっては信じがたいニュースは、世界も反応を見せている。

 英衛星放送「スカイスポーツ」は「ネリに敗れ、バンタム級のタイトルを失う」と見出しを打って報道した。

「ヤマナカのこれまでの戦績は27勝0敗2敗、12度防衛を成功していた。メキシコのネリーは故郷を出て、試合をするのは初めてだった。新王者は24戦無敗である」と両者の戦歴を紹介した。

 さらに、よもやのTKO負けを喫した山中について「ヤマナカは、涙を流しながらリングを去り、観衆の中、同胞へお辞儀をした」と涙の陥落を紹介している。

新王者の功績を称賛「ネリがヤマナカの長年に及ぶ試合を終わらせた」

 一方、米スポーツ専門局「ESPN」は「ルイス・ネリがシンスケ・ヤマナカを下し、バンタム級タイトルを獲得」との見出しで紹介した。

「ルイス・ネリーはシンスケ・ヤマナカを容赦なく打ち負かし、世界バンタム級王者となった。彼はヤマナカの長年に及ぶ支配、そして日本ボクシング史への挑戦を終わらせた」と新王者の功績を称賛した。

「34歳のヤマナカは12度の防衛に成功し、13度目を狙っていた。これはライトフライ級王者ヨウコウ・グシケンが打ち立てた日本新記録に並ぶものだ。彼はこの記録を1980年に達成した」と山中の挑戦について紹介した。

「神の左」を持つと称された日本の絶対王者のまさかの敗戦は、ほかにも各国で報道されている。海外メディアにとっても驚きは大きかったようだ。