宝塚大学×株式会社水鳥工業
商品擬人化・メディア展開プロジェクト

宝塚大学東京メディア芸術学部の渡邉哲意研究室は、2016年度から株式会社水鳥工業との産学連携プロジェクトとして、商品擬人化およびメディア展開を進めている。その成果である擬人化キャラクターの展示イベントが、新宿マルイ メンの8F イベントスペースにて、2017年8月27日(日)まで開催中。キャラクターはいずれも株式会社水鳥工業の賞品である下駄を擬人化したもので、既に完成していた「水鳥ここん」に加え、新しく6体のキャラクターが披露されている。

宝塚大学東京メディア芸術学部では、2018年度からメディアデザイン領域が新設される。今回のイベントは、領域設置に先立ち、メディアデザイン領域 渡邉哲意研究室とマンガ領域 市野治美研究室が共同で、株式会社水鳥工業の下駄の擬人化キャラクター7体を展示しているもの。新宿駅周辺で開催中の「新宿クリエイターズ・フェスタ2017」学生アートの一環として展開されている。

このプロジェクトでの擬人化キャラクターは、既に「水鳥ここん」が制作されており、それをもとにしたマンガのフランス語訳を「カンヌ日仏協会主催 カンヌ夏祭り2017」に出品するなどの動きがあった。今回は新たに別の下駄の擬人化が行われ、「水鳥あかね」「水鳥紅」「水鳥翡翠」「水鳥紫苑」「檜田式部」「御茶内正人」という6体のキャラクターが誕生。イベント会場では、等身大タペストリーと男性キャラクター「御茶内正人」のモデルになった下駄「茶人」、大学ニュースレターマンガキャラクターを鼻緒柄にデザインしたコラボ下駄が展示されるほか、自立キャラクターパネルのフォトブースも用意されている。


2017年5月の「カンヌ日仏協会主催 カンヌ夏祭り2017」出展時の様子

■期間:
2017年8月14日(月)〜8月27日(日)

■開催場所:
新宿マルイ メン 8F イベントスペース
東京都新宿区新宿5-16-4

■問い合わせ先:
株式会社水鳥工業 / 宝塚大学東京メディア芸術学部
url. http://www.geta.co.jp
url. http://www.takara-univ.ac.jp/tokyo/