ジョガーパンツ(デニム・スキニーフィット)2990円(+税)

写真拡大

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第139回目をよろしくお願いします。

 今回は恒例の買ってはいけないユニクロシリーズ。ネタ的なアイテムも交えつつ、ユニクロにこっそり埋まっている地雷を避ける方法を伝授します。

▼ステテコ 990円(+税)

「いやいやいや、ステテコめちゃ快適だから!」というツッコミがきそうですが、違う違う、そうじゃな〜い。私自身もユニクロのステテコの魅力は理解しています。通気性がよくドライタッチのユニクロステテコは暑い夏に最適。部屋着としてこれ以上ないほど重宝します。……しますが! コレ、街着として着用されている方、意外と多くありませんか?

 もちろん誰が何を着ようと自由です。「洋服なんて自己満足」と定義するのであればオールOK、気にする必要なんてありません。ただ「他人に褒められたい」「おしゃれに見られたい」と少しでも思うのならば、これを街着として使うのは避けましょう。もちろんワンマイルウェアとして「近所のコンビニ着」ならOKでしょうが、大学生やオジサマはこれを休日の日常着として着ています。ユニクロのモデルなら格好よく見えるのですが、それに騙されないように。私たち一般人が「ステテコを日常着」として履き出したらもうおしゃれも色気もスッカラカンです。

 このステテコ、何より長さが中途半端で膝をすっぽり隠す着丈がデメリットです。短パンを着用した際には露出している脚部分が長いかどうかで「脚の長さ」が判断されます。短パンを日本人が格好よく着こなすには膝ちょい上が理想。あまり短すぎても子供っぽくなります。この丈だとよほどスタイルに自信のある人でないと「胴長短足」が強調され不恰好になることうけ合い。部屋着としてはいいのですが、日常着としては推奨しません。

▼ジョガーパンツ(デニム・スキニーフィット) 2990円(+税)

 ユニクロはジョガーパンツを作りすぎました。ユニクロのジョガーの特徴は裾のゴム。通常のブランドならジョガーはリブで表現することが多いのですが、ユニクロは裾を「もんぺ」的にくしゃくしゃと作っています。これがいかにも「ユニクロ」っぽい。

 1年前ならまだまだジョガーパンツもイケていましたが、ユニクロが味をしめたのか本気で大量生産した結果、田舎のおじちゃんにまで普及してしまいました。こうなると、ユニクロ特有の「モンペ型ジョガー」と認識されてしまい、どうも使う気になれません。一般ブランドもやっているリブ仕様のジョガーパンツならまだしも、こちらのタイプはそろそろ食傷気味。「それユニクロだよね!」と会う人に言われることでしょう。

▼SPRZ NYスウェットプルパーカ(長袖)+E 2990円(+税)

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1379602

 最近UTシリーズはスウェットにまで波及しています。こちらはUTですっかりお馴染み、キース・へリングのプリントアイテム。20世紀ポップアートのアイコン的存在、偉大なキース・へリングもユニクロとコラボしすぎました。もはやキース・ヘリングのグラフィックを見ると「キース・へリングだな」より「ユニクロだな」が先行します。ユニバレを避けるならぜひともやめていただきたい。

 加えてこのプリント、大きな面積に赤や黄色と注意を引く派手な色彩が踊りまくっています。カジュアルなアイテムであるパーカーに、カジュアルな派手な色彩のプリントを入れてしまえば子供っぽくなること必然。30代以上の男性が袖を通すと「とっちゃん坊や」の完成です。スウェットの素材も形も良いだけにこれは残念すぎる。他人の目を気にする大人は無地モノを選びましょう。

▼デニムショートパンツ 990円(+税)

 デニムといえばユニクロ、L.A.にデニムの専門施設を立ち上げ、もはやアメカジのナショナルブランドも顔負けの品質を誇っています。ユニクロのデニム品質は一体どこまで行くのか、快進撃は続きますが、なんで短パンにしちゃうかな。クオリティの無駄遣い!

 カジュアルな色落ちデニムを、カジュアルな短パンで表現すると子供っぽさの極北に到達します。通販ページでは長袖ニットにシャツを合わせて、大人っぽいアイテムでカバーして上手に着こなしています。しかし多くはプリントTシャツなどに合わせるでしょう。説明文に「シャツやニットなど大人っぽいアイテムと好相性」くらいは書いてほしかった。

 ウチの近所のオジサンはこのデニムショーツとプリントTシャツとビルケンシュトックを合わせて「夏休みの昆虫採集」状態です。特別カジュアルなアイテムだけに着こなし提案がほしい。悪いアイテムではないですが、これを買っておしゃれに着こなせるの人はごくわずかでしょう。

▼ミッキー トラベルズ スカジャン+E 5990円(+税)

 スカジャンは確かに昨年からトレンドアイテムであり、メンズ&レディース問わず注目されています。またミッキープリントもTシャツなどではお馴染み古着ライクな印象でこなれた雰囲気が出ると人気です。しかしこの2つをくっつける理由はあるのか。「スカジャン+ミッキー」では、ヴィンテージやトレンドといった文脈ではなく、単なるディズニーのお土産です。

 説明文でも「お土産をモチーフにした」と書いてあるのでおそらく作り手も「これはオシャレアイテムじゃないよ」と暗に意味しているのだと思いますが、まちがってもファッション目線で選ばないように、ここでも啓発しておきます。しかもこれ実物見るとかなりいいつくりなのがまた悲しい。どうせならミッキーじゃなくて無地でつくってよ。無地ならサイズ違いで買うよ!

 以上、来週は逆に「買うべきユニクロ5選」をお届けします。こちらもお楽しみに。

【MB】
ファッションバイヤー、ブロガー。メンズファッションの底上げを図るべく各メディアで執筆中。“買って着て書いて”一人三役をこなす(@MBKnowerMag)。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。女子SPA!でも「レディースファッション」に関するコラムを連載開始。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。自身のブランド「MB」にてスキニーパンツを発売したところ、5分で完売! 初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』が発売中。Kindle版もリリース